オペレーションサンダーボルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オペレーションサンダーボルト
ジャンル ガンシューティングゲーム
対応機種 アーケード[AC]
PlayStation 2[PS2]
開発元 タイトー
発売元 タイトー
人数 1-2人協力プレイ
発売日 [AC]1988年
[PS2]2007年1月25日
対象年齢 CEROB(12才以上対象)
コンテンツ
アイコン
暴力
その他 PS2版は『タイトーメモリーズII 上巻』に収録
テンプレートを表示

オペレーションサンダーボルト』 (OPERATION THUNDER BOLT) は、1988年タイトーから制作・販売したアーケードゲームである。ジャンルはガンシューティングゲーム

概要・解説[編集]

1987年に同社より発売されて人気を博した、『オペレーションウルフ』の続編である。前作は1人プレイ専用だったが、本作では2人同時プレイが可能となった(2人同時プレイが可能なガンシューティングは、アーケードでは本作が初である)。前作同様こちらも世界中でヒットし、本作のシステムは『リーサルエンフォーサーズ』(コナミデジタルエンタテインメント)の登場まで、同ジャンルのデファクトスタンダードとして定着した。

専用筐体に取り付けられたモデルガンを操作し、通常武器のマシンガン(トリガー)と特殊攻撃のロケット弾(銃口左側ボタン)を駆使してステージを進める。どちらも弾数に制限があるが、ステージ中に登場するアイテムを取ることで補給できる。弾薬の他にも、体力回復ドリンクや照準を表示させるレーザーポインターなど、様々なアイテムが出現する。

全8ステージ。ステージ選択はできない。なお、最終面でプレイヤーが死亡すると強制ゲームオーバーとなり、コンティニューできない。また、パイロットが死亡した場合はバッドエンドとなる。

映像の表現問題[編集]

1989年8月15日付の北海道新聞『「戦争はゲームで」興奮、やるかやられるか』の題名にて写真の戦争ゲームの一例として本作が取り扱われ、「ゲームとは言え戦争をする光景は許されないような気がする」などの戦中派が批判した記事が掲載された[要ページ番号]。この新聞記事は1989年11月号の『ゲーメスト』の読者ページにて取り扱われ[要ページ番号]、後に1990年1月号の読者ページにて投稿者からこの新聞記事の意見交換が行われた[要ページ番号]。これにより、ゲーム作品における暴力・残酷描写問題に一石が投じられることとなった。

シリーズ作品[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]