オブリヴィオン・ダスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オブリヴィオン・ダスト
Oblivion Dust
別名 オブリ、OD
出身地 日本の旗 日本
ジャンル オルタナティヴ・ロック[1]
ハードロック[1]
ミクスチャー・ロック[1]
ポスト・グランジ
活動期間 1996年 - 2001年
2007年 -
レーベル motorod
(1997年 - 2008年)
NAYUTAWAVE
(2012年)
ユニバーサルミュージック
(2014年 - )
公式サイト OBLIVION DUST OFFICIAL SITE
メンバー KEN LLOYDボーカル
K.A.Zギタープログラミング
RIKIJI(ベース
旧メンバー Derek Forbes(ベース)
Matt Garrett(ベース)
TAKA(ドラムス
FURUTON(ドラムス)
MASARU(ギター)YUUKI(ギター)

オブリヴィオン・ダスト(Oblivion Dust)は、日本のロックバンド。略称はオブリ、OD。

メンバー[編集]

1976年3月25日生まれ。解散後はINORAN(LUNA SEA)とFAKE?を結成(後にINORANは脱退)、ATOM ON SPHERE参加。
本名・岩池一仁、1968年10月11日生まれ、血液型・O型。 並行してhide with Spread Beaverへ参加し、解散後はSpin Aquaで活動しつつhydeに請われプロデューサーを務める。その後HYDE BANDに参加。2008年4月1日、HYDEとのユニットVAMPSを結成[2]し、2017年12月末より活動休止中。
本名・増田力司、1971年1月11日生まれ、血液型・A型。Three Eyes Jack、MEGA 8 BALLを経て参加。解散後はMEGA 8 BALLへ復帰。2018年1月現在、MEGA 8 BALLは休止中。

サポートメンバー[編集]

  • yuji:ギター
 MEGA 8 BALLに所属しており、RIKIJI経由で参加。現在はOBLIVION DUSTのサポートギターとして活躍しており、RIKIJIと一緒に土屋アンナのサポートも行っている。
  • ARIMATSU:ドラムス
通称Arly (アーリー)。特撮のドラマーとして活動し、RIKIJIの紹介により2011年から参加。その他RIKIJIから紹介を受けたK.A.Z経由にて、VAMPSのサポートもしており、VAMPS結成後しばらくしてから参加。
  • NAKAYAMA:マニピュレーター
OBLIVION DUST、SEKAI NO OWARIで仕事している。バイク好き。

過去のサポートメンバー[編集]

  • Ju-ken (ジューケン):ベース
NITROを経て参加し、解散後はCRAVE、Gacktjobへ参加。サポートとして布袋寅泰土屋アンナ等多くのアーティストのライブでベースを弾いている。なおKEN LLOYD曰く「解散しなければ正式メンバー」だった。
Pay money To my Painに所属しており、KEN LLOYDFAKE?)経由で参加。FAKE?とは2003年頃からのサポート関係。
復活ライブのResurrected(2007)〜2012年までサポートを勤めた。
KEN LLOYDFAKE?)経由で参加。
復活ライブのResurrected(2007)〜2010まで勤めた。

過去のメンバー[編集]

  • TAKA:ドラムス
1996年8月の結成から1998年7月31日まで所属。本名・本村隆充。元ADDICT OF THE TRIP MINDSのメンバー。
  • Derek Forbes:ベース
イギリスのニュー・ウェイヴバンドの大御所、シンプル・マインズを経て参加。
本名・大古殿宗大(おおふるとん そうた)。宮崎県宮崎市出身。THE SPACE COWBOYSを経て参加。解散後はBUGnil、Wild Wise Apesへ参加。首を痛めバンドを引退し、帰郷。現在は郷里の宮崎放送ディスクジョッキーも行っている。
  • MASARU:ギター
Three Eyes Jack、pow-derを経て参加し、解散後はLED.を経てS.R.O.D、Karma Tribalへ参加。
  • YUUKI:ギター
脱退後は、THE HATE HONEYを経てはむつんサーブ with Big Babyへ参加。
2008年10月7日、アメリカ合衆国の歌手・マドンナのワールドツアー『Sticky & Sweet Tourニューヨーク市マディソン・スクエア・ガーデン公演にて前座を務めた。

来歴[編集]

1995年5月に前身バンドADDICT OF THE TRIP MINDSがメンバーの音楽性の違いで解散し、当時のドラマーの本村とベーシストDerek Forbesが新バンド結成を目指す。1995年の暮れにK.A.Zをギタリスト、1996年の初めにKEN LLOYDをボーカリストとして募り、結成。ロサンゼルスにてRay McVeighをプロデューサーに迎え、1stアルバムのレコーディングに取り掛かるが、途中でDerekが脱退したため、サポートメンバーとしてKoozie Johnsが1996年の中頃から年末まで加入[3]。後にKoozieも脱退、Matt Garrettがベーシストとして加入。この頃、hide[4]の好意によりmotorodと契約、バンド名を現在の名前に変更[5]

1997年1月、1stシングル『SUCKER』でメジャーデビュー。3月に2ndシングル『NUMB』をリリース。4月にはアメリカ西海岸ツアーを行う(10公演)。5月に3rdシングル『FALLING』を、6月に1stフルアルバム『LOOKING FOR ELVIS』をリリースする。7月にアメリカ西海岸へ戻り、もう10公演ライブを行った後、Mattが脱退。9月に日本で初のツアーを行う。

1998年1月に新ベーシストとしてRIKIJIが加入。同月にプロディジーの東京公演の前座を唯一務る。4月に再びアメリカ西海岸ツアーを行い、2枚のシングルを挟んだ後、7月に2ndアルバム『misery days』をリリース。8月に唯一のオリジナルメンバーであったドラマーの本村が脱退。11月に新ドラマーのFURUTONが加入。

1999年には4枚のシングルを、12月に3rdアルバム『REBORN』をリリース。この年は1年中ツアーを行っており、マリリン・マンソンとも共演を果たしている。

2000年に入り全国ツアーであるRebornツアーを敢行。5月に新曲の『S.O.S.』が日本版ミッション:インポッシブル2のサウンドトラックに収録され、同年にサマーソニックへの出演を果たす。この年は2枚のシングルを、11月に4thアルバム『BUTTERFLY HEAD』をリリース。12月23日東京ベイNKホールのライブを最後にRIKIJIが脱退。

2001年1月に'98年9月からサポートメンバーを務めていたMASARUが正式メンバーとして、サポートベーシストとしてJu-kenが加入したが、6月30日に解散。5年に満たない短い活動期間を終えることになる。8月に初のベストアルバム『RADIO SONGS〜Best of Oblivion Dust』をリリース。

2007年6月28日にFAKE?ライブで2daysライブを行う告知があり、9月8日9月9日に解散以来6年振りのライヴを行う。9日のライヴ終了後、突如ステージ上のスクリーンにレコーディング風景の映像と「Oblivion Dust」「New Album(をレコーディング中)」「coming soon」の文字が流れ、事実上の活動再開を発表。

2008年1月23日、約7年振りとなるアルバム『OBLIVION DUST』をリリース。2月には「OBLIVION DUST LIVE TOUR」を東名阪で敢行。2月16日、Shibuya O-Eastでのツアーファイナルで演奏された『Designer Fetus』のライブ映像がMySpaceで公開。5月11日、赤坂BLITZライブ開催を発表。しかし直前の5月4日、Oblivion Dustとして出演した「hide memorial summit」中、K.A.Zの『左足踵骨折』の為中止となった。12月2日、3日に赤坂BLITZにて開催した。この年より、4月にK.A.ZがVAMPSとしての活動を本格化させていく。

2009年に入り「休止宣言」を出していたKEN LLOYDも宣言を撤回せざるを得なくなり、FAKE?のニューアルバム制作を始める。RIKIJIもMEGA 8 BALLの復帰と各メンバーのソロ活動が本格化されたことで、2009年初めに予定されていたニューアルバムの発売は延期、バンドとしての活動は休止状態が続いた。

2010年11月、活動再開。

2011年2月、SHIBUYA-AXにて2日間限定の復活ライブ「ASHES TO DUST 2011」を行う。3月にはオフィシャルファンクラブ「Club OVERDOSE」発足し、5月にFC限定ライブ開催。6~7月には3年振りの全国5都市ツアー「Re-creation tour 2011」(ツアーファイナル SHIBUYA O-EASTではUSTREAM配信)、さらには11月に2度目の全国ツアー「Roller Coastet Tour 2011」を決行。12月には2012年春リリースのアルバム収録予定曲「TUNE」がiTunes等にて先行配信され、併せて公式facebookがスタートした。

2012年4月11日、4年ぶり6枚目のニューアルバム『9 Gates For Bipolar』をリリースし、全国7都市ツアー「Static Sound Tour 2012」を開催する。続く8月2日、3日には「6IX」と銘打った過去にリリースされた6枚のアルバムから各3曲ずつ披露のライブを実施する。12月16日、ライブ「Winter Of Fireflies」(Shibuya O-EAST)にて締め括る。

2013年2月、「Club OVERDOSE MEMBER'S ONLY LIVE」を3日OSAKA MUSE、4日代官山UNITにFC限定ライブとして2年ぶりに開催する。3月には「Spirit Seeds」ライブツアーを実施し、5月には赤坂BLITZにて追加公演を行う。8月26日、27日にはライブ「H2O」(LIQUIDROOM)、12月25日にライブ「Torn Shadows」を実施する。

2014年2月、ライブツアー「Blood Red Stars」を3都市に渡り行い、3月には「Club OVERDOSE MEMBER'S ONLY LIVE」実施後、前述ライブツアーの追加公演を仙台で行う。5月11日には同月31日にクローズとなるSHIBUYA-AXにて「SAYONARA SHIBUYA-AX」、7月からは全国ツアー「Elements Tour 2014」を実施。11月には再結成後初のライブDVDをリリースし、12月は全国4ヶ所のQUATTROを巡る「Qhaos Tour 2014」を行った。

2018年4月には「hide 20th memorial super live」に出演[6]。2017年末のVAMPSの活動休止に伴い、K.A.ZとKEN LLOYDを中心に曲作り、歌メロ作りなどを行い始める。 また、6月末から約2ヵ月の日程で全国17ヶ所のライブツアー「Tour 2018 Adrenaline – Come Get Your Fix」を開催。

年表[編集]

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 備考
1st 1997年6月25日 LOOKING FOR ELVIS CTCR-17019 motorod
2nd 1998年7月23日 misery days CTCR-17043 motorod
3rd 1999年12月26日 REBORN CTCR-17066 motorod
4th 2000年11月22日 BUTTERFLY HEAD :初回生産限定盤
:通常盤
motorod
Best 2001年8月8日 RADIO SONGS〜Best of Oblivion Dust CTCR-17070 motorod
5th 2008年1月23日 OBLIVION DUST CTCR-14555/B(CD+DVD)
CTCR-14556(CD)
motorod
6th 2012年4月11日 9 Gates For Bipolar UPCH-20277 NAYUTAWAVE RECORDS
(CD/デジタル配信[購入特典])
1st mini 2016年7月20日 DIRT UICV-1071 motorod

シングル[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 備考
1st 1997年1月22日 SUCKER CTCR-17011 motorod
2nd 1997年3月26日 NUMB CTCR-17016 motorod
3rd 1997年5月20日 FALLING CTCR-17023 motorod
4th 1998年3月25日 THERAPY CTCR-40000 motorod
5th 1998年5月20日 TRUST CTCR-40004 motorod
6th 1999年1月13日 BLURRED CTCR-40010
CTCR-24015
motorod
7th 1999年8月25日 YOU CTCR-40012 motorod
8th 1999年10月27日 GOOD BYE CTCR-40019 motorod
9th 1999年12月16日 CRAZY CTCR-40030 motorod
10th 2000年7月12日 FOREVER CTCR-40039 motorod
11th 2000年9月27日 DESIGNER FETUS CTCR-40048 motorod
12th 2008年8月27日 GIRL IN MONO/BED OF ROSES CTCR-40268 motorod
13th 2011年12月14日 TUNE :初回生産限定盤
:通常盤
iTunes/amazon/レコチョクフル配信

ビデオ[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 備考
1st 1999年10月27日
2000年3月29日
OVERDOSE CTVR-98005:VHS
CTBR-92005:DVD
ライブ
motorod
2nd 2000年7月12日
2001年9月19日
OBLIVION DUST THE VIDEO
Oblivion Dust the DVD
CTVR-98007:VHS
CTBR-92015:DVD
クリップ集
motorod
3rd 2001年 THANK YOU & GOOD BYE~LAST TWO NIGHT VHS ライブ
motorod
4th 2014年11月26日 Roads To Oblivion 2011-2014 UIBV-10014:DVD ライブ映像・ドキュメンタリー
ユニバーサルミュージック

その他[編集]

ADDICT OF THE TRIP MINDS (前身バンド)[編集]

ディスコグラフィ[編集]

アルバム
  1. ADDICT OF THE TRIP MINDS1994年8月25日ポリスター

ミュージックビデオ[編集]

監督 曲名
井上哲央 「Never Ending」
北平誠治 「GIRL IN MONO」
田中力 「S.O.S」
福田忍 「FOREVER」
A.T 「DESIGNER FETUS」
不明 「BLURRED」「CRAZY」「FALLING」「GOODBYE」「LULLABYE」「NUMB」「SUCKER (ENGLISH VERSION)」「SUCKER (JAPANESE VERSION)」「THERAPY」「TRUST」「YOU」

脚注[編集]

  1. ^ a b c キューブミュージック
  2. ^ 「OBLIVION DUST再結成で忙しい」と断ったものの、条件付きでの結成。
  3. ^ JRock 4 ur Head - ウェイバックマシン(2008年1月24日アーカイブ分) Retrieved September 20, 2007
  4. ^ Oblivion Dust@Everything2.com Retrieved September 20, 2007
  5. ^ Kaz Iwaike bio Retrieved September 20, 2007
  6. ^ なおK.A.Zはhide with Spread Beaverとしても参加している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]