オビエド大聖堂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オビエド大聖堂
Oviedo-Catedral.JPG
基本情報
所在地 スペインの旗 スペインアストゥリアス州オビエド
座標 北緯43度21分45.30秒 西経5度50分35.09秒 / 北緯43.3625833度 西経5.8430806度 / 43.3625833; -5.8430806座標: 北緯43度21分45.30秒 西経5度50分35.09秒 / 北緯43.3625833度 西経5.8430806度 / 43.3625833; -5.8430806
宗教 ローマ・カトリック
教会的現況 大聖堂
文化財指定 世界遺産重要文化財(BIC)
建設
建築家 ロドリゴ・ヒル・デ・オンタニョン英語版
形式 教会
様式 ゴシック建築ロマネスク建築バロック建築ルネサンス建築
着工 781年
テンプレートを表示

オビエド大聖堂スペイン語: Catedral de Oviedo)は、スペインアストゥリアス州オビエドにあるローマ・カトリック大聖堂。正式名称はサン・サルバドール大聖堂スペイン語: Catedral de San Salvador)。

歴史[編集]

世界遺産 オビエドとアストゥリアス王国の建造物群
スペイン
画像募集中
英名 Monuments of Oviedo and the Kingdom of the Asturias
仏名 Monuments d’Oviedo et du royaume des Asturies
登録区分 文化遺産
登録基準 (1),(2),(4)
登録年 1985年
拡張年 1998年
公式サイト 世界遺産センター(英語)
使用方法表示

781年、アストゥリアス王フルエーラ1世の時代に建設が開始され、802年に息子のアストゥリアス王アルフォンソ2世に引き継がれた。アルフォンソ2世はオビエドをアストゥリアス王国の首都に定めた国王であり、オビエドに宮廷を建設して居住した。アルフォンソ2世は810年にオビエド大司教区を設立している。

12世紀にはペラギウス大司教によって修復が行われた。13世紀末にはフェルナンド・アルフォンソ大司教によってさらなる修復が行われ、14世紀初頭にはフェルナンド・アルバレス大司教によって回廊が建設された。1388年にはトレドのグティエレによって建物が追加され、1528年にはフランシスコ・メンドーサ・ボバディージャ枢機卿によって鐘楼が建設された。

1931年には重要文化財(BIC)に指定された。1998年には「オビエド歴史地区とアストゥリアス王国の建築物群」がユネスコ世界遺産に登録され、オビエド大聖堂はその構成遺産となった。

埋葬者[編集]

ギャラリー[編集]

外部リンク[編集]