オハイオ軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オハイオ軍
(Army of the Ohio)
創設 1861年-1862年
1863年-1865年
国籍 アメリカ合衆国の旗 United States of America
軍種 Usdowseal.jpg アメリカ陸軍北軍
兵科
主な戦歴 南北戦争
指揮
著名な司令官 ドン・カルロス・ビューエル
ウィリアム・ローズクランズ
アンブローズ・バーンサイド
ジョン・マカリスター・スコフィールド

オハイオ軍(Army of the Ohio)は南北戦争中の北軍(野戦軍)で、同じ名前の軍が二度編成されている。最初のオハイオ軍は1861年に編成され翌年カンバーランド軍に名称変更された。二度目は1863年に編成された。

歴史[編集]

一般命令97号に基づき、ドン・カルロス・ビューエル少将が、オハイオ軍管区の司令官に任命された。軍管区の全ての部隊は、ビューエルの下にオハイオ軍に組織された。1862年1月19日、ミル・スプリングスの戦いで最初の実戦を経験したが、これに参戦したのはジョージ・ヘンリー・トーマス准将の第1師団のみであった。軍全体としては、ユリシーズ・グラントテネシー軍の支援のためにシャイローの戦い(4月6日-4月7日)への参戦した。

1862年8月ビュエルはオハイオ軍を去り、ホレイショ・ライト准将が軍司令官となった。しかし、ライトの階級が低いことから北軍総司令官のヘンリー・ハレックは第1師団長のトーマスに、代わって軍軍司令官になるよう命じた。しかしトーマスは大きな戦闘が近いことを予想しており、その直前に司令官が交代することは賢明ではないと感じていた。このため、ビュエルが継続して軍の指揮をとることとなり、トーマスは副司令となった。トーマスが予想していた戦闘は1862年10月に発生した。オハイオ軍はケンタッキーへ侵攻してきたブラクストン・ブラッグ少将の南軍をペリービルの戦いで迎え撃った。このときビュエルは増援部隊を送るのが遅れ、さらに南軍撤退後の追撃を行わなかったことを避難され、軍司令官を解任された。後任にはウィリアム・ローズクランズ少将が任命された。ローズクランズはカンバーランド軍管区の司令官も兼ねたため、オハイオ軍はカンバーランド軍と名称が変更された。

第23軍団記章

1863年3月25日、アンブローズ・バーンサイドがオハイオ軍管区の司令官を引き受けた。バーンサイドは軍管区内の部隊を統合し、第23軍団を編成した。第23軍団はオハイオ軍とも呼ばれた、バーンサイドが司令官となった。バーンサイドは以前にポトマック軍の司令官を努めており、南北戦争中に複数の「」の司令官となった数人の将官の一人である。この新しいオハイオ軍は、南軍騎兵隊によるモーガンの襲撃(1863年6月11日-7月26日)に反撃したが、軍としてまとまった行動を行ったことは、この作戦中は稀であった。続いて、バーンサイドはノックスビル (テネシー州)に移動し、そこで第9軍団が加わったため、オハイオ軍は2個軍団編成となり、さらに騎兵師団も追加された。バーンサイドはノックスビル方面作戦中のサンダース砦の戦い(Battle of Fort Sanders、11月29日)で南軍を撃破した。戦闘の後、バーンサイドは病気のために軍司令官を退き、12月9日にジョン・フォスター(John G. Foster)少将が軍司令官および軍管区司令官を引き継いだ。

フォスターが軍司令官を務めた期間は短かった。1864年2月9日、ジョン・マカリスター・スコフィールドがオハイオ軍管区の司令官を引き受けた。4月にはオハイオ軍の司令官と第23軍団長を兼ねた。この期間、オハイオ軍は第23軍団のみで構成されており、両者は同義である。スコフィールドはアトランタ方面作戦で軍を率い、7月22日のアトランタの戦い後に南軍のジョン・ベル・フッド中将をテネシーに押し返した。第二次フランクリンの戦いでは、ジョージ・ヘンリー・トーマス少将のカンバーランド軍と合流する前に、スコフィールドはフッドに手痛い敗北を喫した。1865年2月9日、スコフィールドはノースカロライナ軍管区の司令官に異動となり、ジェイコブ・ドルソン・コックス少将が一時的に司令官を務めた。

第23軍団はノースカロライナへ移動するように命令され、コックスの師団のみがウィルミントンの戦い(Battle of Wilmington)に参戦した。第23軍団の残りの部隊は、3月までニューバーンに到着しなかった。第23軍団全部隊が到着した後、スコフィールドは第23軍団とアルフレッド・テリー少将の第10軍団でオハイオ軍を組織した。オハイオ軍はウィリアム・シャーマンカロライナ方面作戦(1865年1月-4月)において、北軍の中央翼を務めた。戦争が終了すると、軍は解散した。

歴代司令官[編集]

参戦した主な戦い[編集]

戦闘序列[編集]

シャイローの戦い[編集]

軍司令官:ビューエル少将

軍団 師団 旅団

軍団編成されず

第2師団
アレクサンダー・マクック准将

  • 第4旅団(6個連隊)
  • 第5旅団(5個連隊)
  • 第6旅団(4個連隊、1個砲兵中隊)

第4師団
William "Bull" Nelson准将

  • 第10旅団(3個連隊)
  • 第19旅団(3個連隊)
  • 第22旅団(3個連隊、1個騎兵連隊)

第5師団
トマス・L・クリッテンデン准将

  • 第11旅団(4個連隊)
  • 第14旅団(3個連隊)
  • 独立部隊(1個騎兵連隊、3個砲兵中隊)

第6師団
Thomas J. Wood准将

  • 第20旅団(4個連隊)
  • 第21旅団(4個連隊)

他に、テネシー軍6個師団が参戦。

ペリービルの戦い[編集]

軍司令官:ビューエル少将

軍団 師団 旅団

第1軍団
アレクサンダー・マクック少将

第3師団
ラベル・ルソー准将

  • 第9旅団(5個連隊、1個砲兵中隊)
  • 第17旅団(5個連隊、1個砲兵中隊)
  • 第28旅団(5個連隊、1個砲兵中隊)

第10師団
James S. Jackson准将

  • 第33旅団(5個連隊、2個砲兵中隊)
  • 第34旅団(4個連隊、1個砲兵中隊)

第2軍団
トマス・L・クリッテンデン少将

第4師団
William Sooy Smith准将

  • 第10旅団(5個連隊、2個砲兵中隊)
  • 第19旅団(5個連隊、1個砲兵中隊)
  • 第22旅団(5個連隊、1個砲兵中隊)

第5師団
Horatio P. Van Cleve准将

  • 第11旅団(5個連隊、1個砲兵中隊)
  • 第14旅団(5個連隊、1個砲兵中隊)
  • 第23旅団(5個連隊、1個砲兵中隊)

第6師団
Thomas J. Wood准将

  • 第15旅団(5個連隊、1個砲兵中隊)
  • 第20旅団(5個連隊、1個砲兵中隊)
  • 第21旅団(5個連隊、1個砲兵中隊)
  • 騎兵旅団(4個騎兵連隊、1個砲兵中隊)

第3軍団
チャールズ・C・ギルバート少将

第1師団
Albin Francisco Schoepf准将

  • 第1旅団(5個連隊、1個砲兵中隊)
  • 第2旅団(5個連隊、1個砲兵中隊)
  • 第3旅団(5個連隊、1個砲兵中隊)

第9師団
Robert Byington Mitchell准将

  • 第30旅団(4個連隊、1個砲兵中隊)
  • 第31旅団(4個連隊、1個砲兵中隊)
  • 第32旅団(4個連隊、1個砲兵中隊)

第11師団
フィリップ・シェリダン准将

  • 第35旅団(4個連隊)
  • 第36旅団(4個連隊)
  • 第37旅団(4個連隊)
  • 砲兵部隊(2個砲兵中隊)
  • 騎兵旅団(3個騎兵連隊、1個砲兵中隊)

ノックスビル方面作戦[編集]

軍司令官:バーンサイド少将

軍団 師団 旅団

第9軍団
Robert Brown Potter少将

第1師団
Edward Ferrero准将

  • 第1旅団(4個連隊)
  • 第2旅団(4個連隊)
  • 第3旅団(4個連隊)
  • 砲兵部隊(2個砲兵中隊)

第2師団
ジョン・ハートランフト准将

  • 第1旅団(3個連隊)
  • 第2旅団(3個連隊)
  • 独立部隊(1個砲兵中隊)

第23軍団
Mahlon Dickerson Manson少将

第2師団
Julius White准将

  • 第1旅団(3個連隊)
  • 第2旅団(4個連隊、1個砲兵中隊)

第3師団
Milo Smith Hascall准将

  • 第1旅団(3個連隊、1個砲兵中隊)
  • 第2旅団(3個連隊、1個砲兵中隊)
  • 砲兵部隊(2個砲兵中隊)
  • 特設旅団(2個連隊)

騎兵軍団
James M. Shackelford少将

騎兵第1師団
William P. Sanders准将

  • 騎兵第1旅団(2個騎兵連隊、1個砲兵中隊)
  • 騎兵第2旅団(1個騎兵連隊、2個騎馬歩兵連隊、1個砲兵中隊)
  • 騎兵第3旅団(1個騎兵連隊、1個騎馬歩兵連隊)

騎兵第2師団
John W. Foster准将

  • 騎兵第1旅団(2個騎兵連隊、1個騎馬歩兵連隊)
  • 騎兵第2旅団(構成不明)

アトランタ方面作戦[編集]

軍司令官:スコフィールド少将

軍団 師団 旅団

第23軍団
ジョン・マカリスター・スコフィールド少将

第1師団
Alvin Peterson Hovey准将

  • 第1旅団(4個連隊)
  • 第2旅団(2個連隊)
  • 砲兵部隊(2個砲兵中隊)

第2師団
Henry M. Judah准将
Milo Smith Hascall准将

  • 第1旅団(6個連隊)
  • 第2旅団(7個連隊)
  • 第3旅団(4個連隊)
  • 砲兵部隊(3個砲兵中隊)

第3師団
ジェイコブ・ドルソン・コックス准将
James W. Reilly大佐

  • 第1旅団(10個連隊)
  • 第2旅団(1個連隊)
  • 第3旅団(4個連隊)
  • 独立騎兵部隊(2個騎兵連隊)
  • 砲兵部隊(2個砲兵中隊)

その他カンバーランド軍の3個軍団、テネシー軍の3個軍団、騎兵軍団が参戦。

第二次フランクリンの戦い[編集]

軍司令官:スコフィールド少将

軍団 師団 旅団

第4軍団
David S. Stanley少将

第1師団
Nathan Kimball准将

  • 第1旅団(6個連隊)
  • 第2旅団(8個連隊)
  • 第3旅団(8個連隊)

第2師団
George D. Wagner准将

  • 第1旅団(6個連隊)
  • 第2旅団(6個連隊)
  • 第3旅団(6個連隊)

第3師団
Thomas J. Wood准将

  • 第1旅団(5個連隊)
  • 第2旅団(5個連隊)
  • 第3旅団(3個連隊、1個大隊)
  • 砲兵旅団(8個砲兵中隊)

第23軍団
ジェイコブ・ドルソン・コックス少将

第2師団
Thomas H. Ruger准将

  • 第2旅団(7個連隊)
  • 第3旅団(4個連隊)

第3師団
James W. Reilly准将

  • 第1旅団(6個連隊)
  • 第2旅団(5個連隊)
  • 第3旅団(4個連隊)
  • 砲兵部隊(1個砲兵中隊)

騎兵軍団
James H. Wilson少将

騎兵第1師団
John T. Croxton准将

  • 騎兵第1旅団(4個騎兵連隊)

騎兵第5師団
Edward Hatch准将

  • 騎兵第1旅団(4個騎兵連隊)
  • 騎兵第2旅団(5個騎兵連隊)

騎兵第6師団
Edward Hatch准将

  • 騎兵第1旅団(4個騎兵連隊)
  • 騎兵第2旅団(5個騎兵連隊)

騎兵第7師団
Joseph F. Knipe准将

  • 騎兵第1旅団(5個騎兵連隊)
  • 騎兵第2旅団(4個騎兵連隊)

参考資料[編集]

外部リンク[編集]