オニャンコポン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

オニャンコポン(Onyankopon、偉大な者の意[1])は西アフリカガーナアシャンティ人に伝わるであり、天空神[2]である。オニャンコポンは同じくアシャンティ人などに伝わる神ニャメ英語版(Nyame)の別名とされることが多いが、オニャンコポンの神としての位置づけには曖昧な部分が多い。アカン語話者の神とされることもある[3][注 1]

オニャンコポンの役割[編集]

アシャンティ人の宗教ではオニャンコポンに代表される神と精霊(abosom[注 2])と祖先の霊(nana samon[注 3])という3種類の超自然的な存在が体系を形作っている[4]。すべての精霊はオニャンコポンによって創造されたとされている[5]。精霊は野に森に、遍く存在しているがその中でも人とかかわりを持つようになった精霊をアボソム(abosom)とよび[5]、この精霊はオニャンコポンの召使いであり[6]、人とオニャンコポンとの間に入る媒介者としての役割を担っている[6]。それぞれの精霊には司祭職が存在し[6][5]、彼らは薬を処方したり[5]、悪意ある精霊に対処したりといった役割を担っている[5]一方でオニャンコポンに対する司祭職は存在しない[6]。このことから読み取れる、人が神と直接関わりをもてないという考え方はアフリカの宗教によく見られ[7]、アシャンティの場合はオニャンコポンにまつわる神話に則している。

天空神であるオニャンコポンは、昔は人間たちに近い位置に居た。しかしあるとき、一人の老女がヤムイモで搗いていた拍子に、杵をオニャンコポンにぶつけてしまった。それ以来、オニャンコポンは遠く離れてしまったという[1][8]天地分離神話)。老女はオニャンコポンに到達しようと、多くの人に臼を集めさせ、高く積み上げさせた。しかしすべて積み上げても、一つ足りなかった。そこで老女は、積んだ臼の一番下の一つを抜いて上に積むように言った。そのようにしたところ、臼の塔は崩れ、多くの人が死んでしまったという[1][3][9][注 4]

一方で、オニャンコポンへのお供え物が司祭職を通さずにできるということはアシャンティの人々がオニャンコポンを身近に感じていた証拠だとする見方もある[6]。最近は廃れてきたものの、アシャンティの村では各家々がオニャンコポンに供物を捧げるための祭壇を持っている[6]。フォルデ(Forde)はアシャンティがオニャンコポンを身近に感じていたことは彼らの持つことわざからも読み取れるとしている[6][注 5]

オニャンコポンの位置づけ[編集]

先に述べたように、オニャンコポンはニャメの別名であるとされたり、同一視されたり[11][8]、時には化身であるとされる[12][13]。特にニャメ、オニャンコポン、オドマンコマの3柱に関しては完全に同一神の別名ととる方法と、同一神の持つ3種類の様相であるとする三位一体(トリニティ)に近い考え方[7]、完全に別々の三人組であるという捉え方がある[14]。たとえばフォルデ(Forde)はオニャンコポン、トウィドゥアンポン、ボレボレ、オトゥムフー等[注 6]の神々の名前のそれぞれを最高神オニャンコポンの称号に過ぎないとしている[6]。ボレ(Bolle)はオニャンコポンの名前の構造からアシャンティの宗教に単一神性を見出している。すなわちオニャンコポンを「神(ニャメ) + 単一性 + 偉大さ(Nyame + ko + pon)」と捉える[14]。またアシャンティのことわざからオニャンコポンとオドマンコマの同一性をさぐっている。すなわち「創造神はすべてを作った(odomankoma nyankopon boo ade nyinaa)」の主語をオドマンコマ・ニャンコポンと読む[14]

一方でダンクア(Dr. Danquah)などはニャメを宇宙の創造主、オニャンコポンを生命の創造主、オドマンコマをこれらを調整し世界を成り立たせるものとして位置づけ、アカン語話者の宗教の神の三人組(triad)をなす[19]としている[14]。これらの神としての役割分担は、3柱の神々を同一神の3つの様相(triune)であるとするトリニティ的な読み取り方であってもニャメ(宇宙)、オニャンコポン(生命)、オドマンコマ(調和)といった具合に同じような役割を持たせている[7]。メイェロウィッツ(Mrs. Meyerowitz)はオドマンコマを創造神とし、ニャメとオニャンコポンで三人組をなすとする[14]。その上でニャメを母、オニャンコポンをその息子、オドマンコマは祖先であるという切り口からアプローチしている[14]

ニャメとオニャンコポンを区別する場合はニャメをの象徴であり女性であるとし、オニャンコポンを太陽の象徴であり男性であるとする[7]。オニャンコポンは概ね男性神として語られ[7]、妻は大地の神アサセ・ヤ(asase ya)である[20] 。一方でニャメがオニャンコポンと区別される場合は、例外もあるが[7]、ニャメは女性神として扱われ[20] 、配偶神はアサセ・ヤー(Asase yaa)となり男性名になる[20] 。ニャメとオニャンコポンが同一視される場合はニャメ/オニャンコポンは男性神となり[注 7]、配偶神は女性神アサセ・ヤとなる。アナンシの叙事詩ではアナンシの父がニャメで母がアサセ・ヤとして語られている。

ニャメ、オニャンコポン、オドマンコマの関係はアカン語話者の間でも統一されていない[7]

オニャンコポンの関連項目[編集]

オニャンコポンの注釈[編集]

  1. ^ アシャンティ人はアカン語族の中の比較的大きなグループを形作っている[4]
  2. ^ 複数形: obosom
  3. ^ 複数形: nsamanfo
  4. ^ ニャメのストーリーとして語られることもある[10]
  5. ^ すべての人はオニャンコポンと直接つながっている(Obi kwan nsi obi kwan mu)、わざわざ空に子供を見せなくともオニャンコポンはすべて見ている(Obi nkyere abofra Onyame)[6]
  6. ^ 表記の揺れも含め同一視されることのある神の名は以下である。 オニャンコポン(唯一偉大な者、Onayankopon、Onyankopong)[6][8]、 ニヤンコポン(Nyankopon)[15][8]、 ニアンクポン(Nyankupon)[16] トウィドゥアンポン(信頼に足る者、Tweaduampon)[6]、 ボレボレ(万物の創造者、Bore-bore)[6][1]、 オトゥムフー(強力な者、Otumfoo)[6][1]、 オドマンコマ(あるいはオトマンコマ、永遠の者、Odomankoma)[6][1]、 オドウマクマ[17]、 アナンセ・コクロコ(偉大な賢い蜘蛛、Ananse Koroko)[6][1]、 オニャンコポン・クワメ(土曜日に現れる偉大な者、Onyankopon Kwame)[6][1][8] オニャメ(Onyame)[18]、 オニヤメ・パンイン[17]、 アナンシ・クロコン[17]
  7. ^ 両性具有とされる場合もある[7][20]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h コットレル、左近司他訳 (1993): 330
  2. ^ Coulter 2013, p. 50.
  3. ^ a b Asante 2008.
  4. ^ a b Forde 1954, p. 191.
  5. ^ a b c d e Taylor 2008, p. 118.
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p Forde 1954, p. 192.
  7. ^ a b c d e f g h Lynch 2010, p. 93.
  8. ^ a b c d e Turner, Coulter (2001): 354
  9. ^ Asante 1996, p. 50.
  10. ^ Lynch 2010, p. 94.
  11. ^ Scheub (2000): 187
  12. ^ Skyes (2002): 144
  13. ^ パリンダー (1991): 149
  14. ^ a b c d e f Bolle 1959, p. 140.
  15. ^ 山口 (1971): 168, 200
  16. ^ 松村 (1979): 270
  17. ^ a b c 山口 (1971): 168
  18. ^ Leach (1992): 57
  19. ^ Scheub (2000): 196
  20. ^ a b c d Coulter 2013, p. 354.

参考文献[編集]

  • Lynch, Patricia Ann (2010), African Mythology, A to Z, Jeremy Roberts, Infobase Publishing, ISBN 9781438131337 
  • Coulter, Charles Russell (2013), Encyclopedia of Ancient Deities, Patricia Turner, Routledge, ISBN 9781135963903 
  • Asante, Molefi Kete (2008), Encyclopedia of African Religion, Ama Mazama, SAGE Publications, ISBN 9781506317861 
  • Bolle, Kees W (1959), Studies in the History Of Religions, Brill Archive 
  • Asante, Molefi K (1996), African Intellectual Heritage: A Book of Sources, Abu Shardow Abarry, Temple University Press, ISBN 9781566394031 
  • Forde, Cyril Daryll (1954), African Worlds: Studies in the Cosmological Ideas and Social Values of African Peoples, James Currey Publishers, ISBN 9780852552810 
  • Taylor, Bron (2008), Encyclopedia of Religion and Nature, A&C Black, ISBN 9781441122780