オナン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

オナンヘブライ語: אוֹנָן, ラテン文字転写: Onan)は、旧約聖書創世記』の登場人物。聖書によれば、ユダカナンシュア英語版との間に産まれた2番目の息子(創世記38:2-4、歴代誌上2:3)。

オナンの兄エルが神に処刑されたので、父ユダはオナンに兄エルの妻タマル結婚するよう命じた(創世記38:6-8)。しかし、オナンはタマルによってもうける子が、自分の相続人とならないことを知っていたので、性交の際に膣内射精せず、故意に精液を地に漏らした(創世記38:9)。これは神の意に反することであったので、オナンは神により処刑された(創世記38:10、46:12、民数記26:19)。

備考[編集]

上述の故事から、オナンはオナニーの語源となっているが、正確にはその行為は、避妊のための膣外射精である。

関連項目[編集]