オドリコソウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オドリコソウ
オドリコソウ Lamium album var. barbatum.JPG
2008年5月 福島県会津地方 
分類APG IV
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : キク上類 Superasterids
階級なし : キク類 Asterids
階級なし : シソ類 Lamiids
: シソ目 Lamiales
: シソ科 Lamiaceae
亜科 : オドリコソウ亜科 Lamioideae
: オドリコソウ属 Lamium
: Lamium album
変種 : オドリコソウ
L. a. var. barbatum
学名
Lamium album L. var. barbatum (Siebold et Zucc.) Franch. et Sav.[1][2]
シノニム
  • Lamium barbatum Siebold et Zucc.[3]
和名
オドリコソウ(踊子草)

オドリコソウ(踊子草、学名:Lamium album var. barbatum[1][2])は、シソ科オドリコソウ属多年草[2]

基本種は、タイリクオドリコソウ(Lamium album var. album[4]

分布と生育環境[編集]

北海道、本州、四国、九州(及び朝鮮半島中国)に分布し、野山や野原、半日陰になるような道路法面に群生する[2]

特徴[編集]

高さは30-50cmくらいになる。は対生し[5]、その形は卵状3角形から広卵形で上部の葉は卵形で先がとがり、縁は粗い鋸歯状になり、基部は浅心形で葉柄がある[2]

花期は4~6月、唇形で上唇は兜型、下唇は突き出して先端は2つに分かれた、白色またはピンク色ので、数個輪生状態になって茎の上部の葉腋に数段につける[2]。花のつき方が、笠をかぶった踊り子達が並んだ姿に似る[2]

花の基部に蜜があり、観察実験の材料ともなる[6]

近縁種[編集]

画像[編集]

名前の由来[編集]

和名オドリコソウは、「踊子草」の意で、花が輪生したようすが、笠をかぶって踊る踊子に似ていることによる[9][10]

種小名 album は、「白色の」の、変種名 barbatum は、「芒のある」「ひげの生えた」の意味[9]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 佐竹義輔大井次三郎北村四郎 他 『日本の野生植物 草本III合弁花』 平凡社1999年ISBN 4-582-53503-8
  • 牧野富太郎原著、大橋広好・邑田仁・岩槻邦男編『新牧野日本植物圖鑑』、2008年、北隆館
  • 大橋広好・門田祐一・木原浩他編『改訂新版 日本の野生植物 5』、2017年、平凡社

関連項目[編集]

外部リンク[編集]