オトマー・フライヘル・フォン・フェアシューアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
教授
オトマー・フライヘル・フォン・フェアシューアー
Otmar Freiherr von Verschuer
生誕 (1896-07-16) 1896年7月16日
ドイツの旗 ドイツ帝国ヴィルデック
死没 (1969-08-08) 1969年8月8日(73歳没)
西ドイツの旗 西ドイツミュンスター
市民権 ドイツ
研究分野 人類生物学, 人類遺伝学
研究機関 カイザー・ヴィルヘルム人類学・人類遺伝学・優生学研究所ミュンスター大学
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

オトマー・フライヘル・フォン・フェアシューアー(Otmar Freiherr von Verschuer、1896年7月16日 - 1969年8月8日)はドイツの人類生物学者であり遺伝学者。ヴェストファーレン・ヴィルヘルム大学で1965年に退職するまで人類遺伝学の教授を務めた。オランダ貴族フェルシュアー家の一員であり、称号であるフライヘル 英語版は多くの場合バロン(男爵)と訳される。

遺伝学研究や遺伝疾患と遺伝異常についての研究における双生児研究英語版の先駆者であり[1]人種衛生学に関心を持つ卓越した優生学者で、20世紀前半の断種計画の主唱者であった[2][3]。多くの教え子の中にはヨーゼフ・メンゲレもいた。

戦後、遺伝学者として自らを成功裏に再定義した。1950年代から1960年代の間は人体に対する核放射線の影響についての研究と遺伝子工学によって「科学的な改良をされた」人間を作製する可能性に対しての警告で注目された。

フェアシューアーは1935年から1942年まで遺伝生物学・人種衛生学研究所所長を、1942年から1948年までカイザー・ヴィルヘルム人類学・人類遺伝学・優生学研究所所長を務めた。1951年から1965年の間、ヴェストファーレン・ヴィルヘルム大学の人類遺伝学の教授を務め、医学部の学部長も兼任した。ミュンスターで西ドイツ最大級の遺伝学研究センターを設立し、自身の死まで世界で最も影響力のある遺伝学者の一人でいた。1952年にはドイツ人類学協会の会長に選出された。息子に欧州委員会の高級官僚であるヘルムート・フォン・フェアシューアーがいる。

脚注[編集]

  1. ^ Björn M. Felder, Paul J. Weindling, Baltic Eugenics: Bio-Politics, Race and Nation in Interwar Estonia, p. 310
  2. ^ Nicholas Wade, "IQ and Heredity: Suspicion of Fraud Beclouds Classic Experiment", Science 26 November 1976: 916–919.
  3. ^ D. D. Dorfman, "The Cyril Burt Question: New Findings", Science 29 September 1978: Vol. 201 no. 4362 pp. 1177–1186

典拠[編集]

  • Westermann, Stefanie; Kühl, Richard; Gross, Dominik, eds. (2009), Medizin und Nationalsozialismus vol. 1: Medizin im Dienst der "Erbgesundheit": Beiträge zur Geschichte der Eugenik und "Rassenhygiene" (English: Medicine and National Socialism, Vol. 1: Medicine at work, the "hereditary health": Contribution to history of Eugenics and "race hygiene"), LIT Verlag Münster, ISBN 978-3643104786, https://books.google.com/books?id=h54Gsl6JBT8C&pg=PA78 

関連項目[編集]

リファレンス[編集]

  • Sheila Faith Weiss: After the Fall. Political Whitewashing, Professional Posturing, and personal Refashioning in the Postwar Career of Otmar Freiherr von Verschuer. Isis, Vol. 101 (2010), 722–758.
  • Peter Degen, "Racial Hygienist Otmar von Verschuer, the Confessing Church, and comparative reflections on postwar rehabilitation," pp. 155–65 in Jing Bao Nie, Japan´s Medical Wartime Atrocities (London: Routledge&Kegan, 2010)
  • Robert N. Proctor, Racial Hygiene: Medicine under the Nazis, Cambridge, MA: Harvard University Press, 1988.
  • Paul Weindling, "'Tales from Nuremberg': The Kaiser Wilhelm Institute for Anthropology and Allied medical war crimes policy," in Geschichte der Kaiser-Wilhelm-Gesellschaft im Nationalsozialismus: Bestandaufnahme und Perspektiven der Forschung, ed. Doris Kaufmann, v.2 (Goettingen: Wallstein, 2000), 635–652.
  • Katrin Weigmann: "In the name of science. The role of biologists in Nazi atrocities: lessons for today's scientists" in EMBO Reports v.2 #10 (2001), 871–875.
  • Eric Ehrenreich, "Otmar von Verschuer and the 'Scientific' Legitimization of Nazi Anti-Jewish Policy," Holocaust and Genocide Studies 2007 21(1):55–72

外部リンク[編集]