オテニオ・アーベル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オテニオ・アーベル
Othenio Abel.jpg
生誕 1875年6月20日
オーストリア帝国の旗 オーストリア帝国 ウィーン
死没 (1946-07-04) 1946年7月4日(71歳没)
研究分野 古生物学
研究機関 ウィーン大学
ゲッティンゲン大学
主な受賞歴 ビグスビー・メダル(1911年)
プロジェクト:人物伝

オテニオ・アーベル(Othenio Lothar Franz Anton Louis Abel、1875年6月20日 - 1946年7月4日)はオーストリア古生物学者である。

ウィーンに生まれた。法律自然科学を学んだ。1898年頃には、地質学者エドアルト・ジュース助手を務め、1900年から1907年の間は王立地質学研究所で働いた。1907年にウィーン大学准教授、1917年に地質学の教授となり1934年までその職にあった。1935年から1940年の間はドイツゲッティンゲン大学の教授となった。

ルイ・ドロー (Louis Dollo) らとともに、古生物学の創始者のひとりとされる。著書に『脊椎動物古生物学綱要』(Grundzüge der Paläobiologie der Wirbeltiere 1902年)などがある。

関連項目[編集]