オットー・ミュラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オットー・ミュラー
Otto Mueller
Curt Herrmann - Bildnis Otto Müller.jpg
オットー・ミュラー (画) クルト・ヘルマン
生誕1874年10月16日
ポーランドの旗 ポーランド, ルバフカ
死没1930年9月24日
ポーランドの旗 ポーランド, ヴロツワフ
運動・動向表現主義

オットー・ミュラー(Otto Mueller、1874年10月16日 - 1930年9月24日)はドイツの画家、版画家である。ドイツの「表現主義」を代表する画家の一人である。

略歴[編集]

現在はポーランドであるルバフカ(プロイセンのリーバウ)の軍人、後に役人の息子に生まれた。ゲルリッツで育った。1890年からゲルリッツで版画を学んだ後、1896年からドレスデンの美術アカデミーで学んだ。1898年からミュンヘン美術院で学ぶが、1899年に教授のフランツ・フォン・シュトゥックに才能を認められず、美術院を止めた。

1908年にベルリンに移り、表現主義の彫刻家、ヴィルヘルム・レームブルックと友人となり、レームブルックの彫刻作品に見られるような細長いゴシック的肢体の女性を描いた。ベルリン分離派の展覧会の出展が拒絶され、1910年に「新分離派」の設立メンバーとなった。また表現主義画家のグループ「ブリュッケ」のメンバーとも交流し、1913年に「ブリュッケ」が解散するまでこのグループで活動した。

第一次世界大戦が始まり、1915年から軍役務に就き、歩兵としてフランスやロシアとの闘いに参加し、1917年の肺炎を発病し、この病気に生涯、苦しめられることになった。

1919年からブレスラウの美術工芸学校(Staatliche Akademie für Kunst und Kunstgewerbe Breslau)の教授を務めた後、ベルリンに戻った。亡くなる3年ほど前からジプシーの中で生活し、ジプシーの暮らしを描いた版画集を制作した。Obernigkで肺結核で亡くなった。

作品[編集]

参考文献[編集]

  • Johanna Brade: Zwischen Künstlerbohème und Wirtschaftskrise. Otto Mueller als Professor der Breslauer Akademie 1919–1930. Oettel, Görlitz 2004 ISBN 3-932693-84-1
  • Lothar-Günther Buchheim: Otto Mueller. Leben und Werk. Buchheim, Feldafing 1963. Neuausgabe 2006, ISBN 3-7659-1052-X
  • Marlene Decker: Gestaltungselemente im Bildwerk von Otto Mueller. Projekt, Dortmund 1993 ISBN 3-928861-13-1.
  • Johann Georg von Hohenzollern, Mario-Andreas von Lüttichau (Hrsg.): Otto Mueller. Eine Retrospektive. Kunsthalle der Hypo-Kulturstiftung. Prestel, München 2003 ISBN 3-7913-2857-3 (mit CD-ROM)
  • Ulrich Klappstein: Faunische Bilderfluchten. Arno Schmidt und der Brücke-Maler Otto Mueller. Neisse, Dresden 2015, ISBN 978-3-86276-180-7
  • Gerhard Leistner (Bearb.): Otto Mueller. Verlorenes Paradies. Werke aus der Sammlung Karsch. Ausst. Kat. Kunstforum Ostdeutsche Galerie Regensburg 2006
  • Mario-Andreas von Lüttichau: Otto Mueller. Ein Romantiker unter den Expressionisten. DuMont, Köln 1993, ISBN 3-7701-2981-4
  • Mario-Andreas von Lüttichau: Mueller, Otto. In: Neue Deutsche Biographie (NDB). Band 18, Duncker & Humblot, Berlin 1997, ISBN 3-428-00199-0, S. 328 f. (Digitalisat).
  • Ursula Peters, Christiane Kupper (Red.): Moderne Zeiten. Die Sammlung zum 20. Jahrhundert. (= Kulturgeschichtliche Spaziergänge im Germanischen Nationalmuseum, Band 3.) Germanisches Nationalmuseum, Nürnberg 2000 ISBN 3-926982-61-6
  • Dieter W. Posselt: Otto Mueller Ein Künstlersolitär der Moderne. Books on Demand, Norderstedt 2009, ISBN 978-3-8334-5200-0.
  • Gerd Presler: Die Brücke. Rowohlt, Reinbek 2007 ISBN 978-3-499-50642-0
  • Christian Saehrendt: Die „Brücke“ zwischen Staatskunst und Verfemung. Expressionistische Kunst als Politikum in der Weimarer Republik, im „Dritten Reich“ und im Kalten Krieg. (= „Pallas Athene“. Beiträge zur Universitäts- und Wissenschaftsgeschichte, Band 13). Hrsg. von Rüdiger vom Bruch und Eckart Henning. Steiner, Stuttgart 2005, ISBN 9783515086141.
  • Dagmar Schmengler u. a. (Hgg.): Maler. Mentor. Magier. Otto Mueller und sein Netzwerk in Breslau, Heidelberg u. a.: Kehrer 2018. ISBN 978-3-86828-873-5
  • Eberhard Troeger Otto Mueller. Crone, Freiburg 1979