オットー・フォン・ベロウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ベロウ(1917年)

オットー・エルンスト・ヴィンツェント・レオ・フォン・ベロウ(Otto Ernst Vinzent Leo von Below、1857年1月18日 - 1944年3月9日)は、プロイセン王国およびドイツ帝国軍人第一次世界大戦中のカポレットの戦い1917年)のドイツ側司令官として知られる。

経歴[編集]

ダンツィヒに生まれる。フリッツ・フォン・ベロウ将軍の従弟にあたる。1909年に少将、1912年に中将に昇進。第一次世界大戦勃発直前の1914年8月1日に第1後備軍団司令官に任命される。東プロイセングムビンネンの戦いの後の同月30日に歩兵大将に昇進。ついでマズール湖畔の戦いを指揮した。11月に第8軍、1915年5月に第1軍司令官に就任。1916年10月からはベロウ軍集団、1917年4月から第6軍、1917年9月から第14軍、1918年2月から第17軍、1918年10月から再度第1軍司令官を務めた。停戦後の1918年12月から第XVII軍団司令官および義勇軍の西部郷土防衛軍司令官を務めた。

ベロウが生涯で最も成功を収めたのは1917年にオーストリア=ハンガリー帝国軍9個師団とドイツ軍6個師団からなる第14軍を指揮したカポレットの戦い(または第12次イゾンツォの戦い)で、ルイージ・カドルナが指揮するイタリア軍に損害30万以上(うち捕虜27万)、保有する重砲の半数喪失という壊滅的打撃を与えた。イタリアは連合軍の救援で、ピアーヴェ川の線で辛うじて戦線を維持した。

1919年に退役し、第二次世界大戦中にゲッティンゲン近郊ベーゼンハウゼンで死去した。