オッタヴィオ・イェンマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Ottavio Jemma
オッタヴィオ・イェンマ
生年月日 (1925-01-01) 1925年1月1日
没年月日 (2015-12-25) 2015年12月25日(90歳没)
国籍 イタリアの旗 イタリア
職業 脚本家
ジャンル イタリア式コメディ
活動期間 1951年 -
活動内容 1951年 助監督
1959年 脚本家デビュー
配偶者 エンツァ・サンポ
著名な家族 3児
公式サイト Sito_di_Ottavio_Jemma
主な作品
女性上位時代
死刑台のメロディ

オッタヴィオ・イェンマOttavio Jemma, 1925年1月1日 - 2015年12月25日)は、イタリア脚本家である[1][2]。日本では英語読み的にオッタヴィオ・ジェンマ[3]とも表記される。

来歴・人物[編集]

1925年(大正14年)1月1日に生まれる[1]。生地に関しては公式ウェブサイトにも記述がない[1][4]

第二次世界大戦後の1950年(昭和25年)から1951年(昭和26年)にかけて、プロ・デオ(現在のグイド・カルリ社会科学国際自由大学)で映画脚本を専攻し、ニーノ・ゲッリ(Nino Ghelli)に師事する[4]。同年、ルチアーノ・エンメルが監督した映画『スペイン広場の娘たち』で助監督を務め、同作は翌1952年(昭和27年)に公開された[4]。1959年(昭和34年)、ルチオ・フルチ監督の『盗賊たち』の脚本に参加、脚本家としてデビューする[1]

満37歳を迎えた1962年(昭和37年)1月18日、エンツァ・サンポと結婚、のちに3児をもうける[1]

1968年(昭和43年)、パスクァーレ・フェスタ・カンパニーレが監督した『女性上位時代』の脚本執筆に参加、以降14年間に、同監督による17作の脚本執筆に参加した[1]。1970年代には、カンパニーレのほか、サルヴァトーレ・サンペリ監督の『青い体験』(1973年)、『続・青い体験』(1974年)の脚本執筆に参加する[1]

1982年(昭和57年)、カンパニーレが監督した『トリエステから来た女』『死ぬよりも美しいこと』『貧乏な金持ち』の脚本に参加して以降はカンパニーレ作品から離れ、1986年(昭和61年)にカンパニーレが亡くなる[5]のを挟んで、1988年(昭和63年)に公開されたマウリツィオ・ポンツィ監督の『大狐』で脚本執筆を再開するまで、6年間ブランクとなった[1]

1991年(平成3年)には、サルヴァトーレ・サンペリによるヒット作の第3作『青い体験2000』の脚本に参加、満80歳を迎えた2005年(平成17年)には、ジョン・アーヴィン監督の『ミネハハ 秘密の森の少女たち』にオリジナル脚本を執筆、提供している[1]。2015年12月25日に亡くなるまで、執筆活動を継続していた。

フィルモグラフィ[編集]

一部[4]を除きインターネット・ムービー・データベースに掲載された一覧である[1]

1960年代[編集]

1970年代[編集]

1980年代[編集]

1990年代以降[編集]

参考文献[編集]

関連事項[編集]

[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j Ottavio Jemma, インターネット・ムービー・データベース (英語), 2011年2月9日閲覧。
  2. ^ Ottavio Jemma, allmovie (英語), 2011年2月9日閲覧。
  3. ^ オッタヴィオ・ジェンマ、キネマ旬報映画データベース、2011年2月9日閲覧。
  4. ^ a b c d e f Sito_di_Ottavio_Jemma, 公式ウェブサイト (イタリア語), 2011年2月9日閲覧。
  5. ^ Pasquale Festa Campanile - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2011年2月9日閲覧。

外部リンク[編集]