オックスフォードシャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
オックスフォード州から転送)
移動: 案内検索
オックスフォードシャー
EnglandOxfordshire.png
地理
様態 典礼および非都市カウンティ
リージョン イングランド南東部
面積
総面積
行政区画
22 位
2,605 km2 (1,006 sq mi)
19 位
カウンシル所在地 オックスフォード
ISO 3166-2 GB-OXF
ONSコード 38
NUTS 3 UKJ14
人口統計
人口
総人口 (2006年推計値)
人口密度
行政区分
登録人口
35位
631,900
242 /km2 (630 /sq mi)
18位
631,900
民族構成 95.1% 白色人種
1.7% アジア系
政治

Oxfordshire County Council
http://www.oxfordshire.gov.uk/
国会議員
ディストリクト
OxfordshireNumbered.png
  1. オックスフォード
  2. チャーウェル
  3. サウス・オックスフォードシャー
  4. ヴェール・オブ・ホワイトホース
  5. ウェスト・オックスフォードシャー

オックスフォードシャー (Oxfordshire) は(略称:オクソン (Oxon)、ラテン語化したOxoniaから)イングランド南東部の地域で、オックスフォードシャー州 (the county of Oxfordshire、Oxfordshire county) とも呼ばれる。ノーサンプトンシャー州、バッキンガムシャー州、バークシャー州、ウィルトシャー州、グロスターシャー州、ウォリックシャー州に接している。

オックスフォードシャー州はオックスフォードチャーウェルヴェールオヴホワイトホース(嘗てはアフィントンホワイトホース)、西オックスフォードシャー南オックスフォードシャーの5郡に分かれている。

オックスフォードシャーには主要な観光産業がある。モータースポーツ興行を行う会社と施設が集中している。オックスフォード大学出版局は印刷の出版の集中を進めてきていて、大学も地域の生物工学会社の集中と関連がある。

人口はオックスフォードに集中している。そのほかの重要な場所は、オックスフォードの北にあるビスター、バンベリー、チッピングノートン、西のウィットニー、東のテームとチナー、南のアビンドン、ワンテージ、ディッドコット、ヘンリーオンテームズである。発展している南ミッドランズに近いバンベリ、ビスター、ディッドコット周辺での人口増加が期待されている。

オックスフォードシャーの最高地点は、ヴェールオヴホワイトホースのホワイトホースヒルで、856フィート(261メートル)ある。

オックスフォードの花は、スネークヘッドフリティラリ (Snake's-head Fritillary) である。

歴史[編集]

オックスフォードシャーは歴史上常に重要な位置にあり、南部の主要都市とオックスフォードの(アングロ・サクソン語Oxenaford(「雄牛の浅瀬」)から来た)名立たる村落の間に今も残る重要な農村地帯である。ローマ人に無視されたため、オックスフォードの村落が形成されるまでオックスフォードシャーは目立った成長は見られなかった。アルフレッド大王はウォンテージで生まれた。オックスフォード大学1096年に設立された。オックスフォードシャーは13世紀からコッツウォールズ木材取引に加わっている。グレート・ウェスタン鉄道1839年にディドコットまで延びた。20世紀にはいってからは、農業は重要性は急速に低下し、現時点での農業就業人口は全人口の1%以下となっている。

1808年に14の村(バンプトン、バンベリー、ビンフィールド、ブロックスハム、バリンドン、チャドリントン、ドーチェスター、ユールム、ラングトゥリー、リューナー、パートン、プローリー、テームズ、ウットン)があった。

オックスフォードシャー・バッキンガムシャー軽歩兵隊はカウリーのバリンドングリーンに駐屯している。

テームズ川の南のヴェールオヴホワイトホースと南オックスフォードシャーは、元々はバークシャーだったが、1974年に移動した。反対にレディングのカバーシャムは、元々オックスフォードシャーだった。

2004年6月、会計検査官は1100万ポンド(23億1352万4992円(2006年4月20日 (木) 08:34 (UTC))現在)の使い道の説明がないとして社会保障関係の決算書の署名を拒否した。

広大な農地が広がる田園地帯であり、古くから地主・農業関係者の力が強い。数十年にわたる保守党の強い地盤として知られ、2009年現在党首を務めるデービッド・キャメロンの選挙区もこのオックスフォードシャーにある。

町と市[編集]

Bは元々バークシャーにあったもの。)

オックスフォードシャーの村落の完全な一覧表は、List of places in Oxfordshireを参照のこと。

産業と経済[編集]

  • モーリス自動車は1910年モーリス自転車としてオックスフォードに創業、1913年に自動車会社となる。
  • MGは1929年にアビンドンで創業。
  • 2005年のオックスフォードシャーの域内総生産額は、約115億6000万ポンドである。

名所[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • フィリップ・パウエル(Philip Powell)著『オックスフォードシャーの地理』(The Geology of Oxfordshire) (Dovecote Press, 2005年) ISBN 1904349196

外部リンク[編集]