オダリスク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

オダリスク(Odalisque)は、オスマン帝国においてスルターンなどイスラームの君主のハレムで奉仕する女奴隷。トルコ語では「部屋」を意味するオダリク(Odaliq)と呼ばれる。18世紀から19世紀にかけてヨーロッパでオリエンタリズムが流行するにつれ、絵画の題材として好まれた[1]

オダリスクを描いた作品[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ オダリスクとは”. コトバンク. 朝日新聞社. 2019年1月27日閲覧。

関連項目[編集]