オタカール・シェフチーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オタカール・シェフチーク
Otakar Sevcik 1901.png
1901年
基本情報
生誕 (1852-03-22) 1852年3月22日
出身地  チェコピーセク
死没 (1934-01-18) 1934年1月18日(81歳没)
学歴 プラハ音楽院
ジャンル クラシック音楽
職業 ヴァイオリニスト
担当楽器 ヴァイオリン

オタカール・シェフチークOtakar Ševčík, 1852年3月22日 Horažďovice - 1934年1月18日 ピーセク)はチェコヴァイオリニスト・音楽教師。ハーチェクを略して「セブシック」とも呼ばれる。ソリスト室内楽奏者として活躍し、ウジェーヌ・イザイの共演者も務めた。

ピーセクにあるシェフチークの記念碑

略歴[編集]

父親からバイオリンの手ほどきを受けた後、プラハ音楽院にてベネヴィッツに師事(1866年70年)。1870年よりモーツァルテウム管弦楽団においてコンサートマスターを務め、ザルツブルクで教鞭を執る。1873年よりプラハ国民劇場ウィーンコーミッシェ・オーパーならびにリング劇場においてコンサートマスターを歴任。1875年から1892年までキエフのロシア帝国音楽協会でヴァイオリン教授を務めると同時に、間もなくソリストとして頻繁に活動するようになった。1892年にプラハ音楽院ヴァイオリン科の主任教授に任ぜられる。長年眼の痛みに悩まされていたが、1894年に眼窩肉腫手術により左眼を摘出した[1]1906年に退任後は、ピーセクで個人教師を務めた。1909年ウィーン音楽院ヴァイオリン科の主任教授となるが、第一次世界大戦末期の1918年に、国籍を理由に解任されたためプラハ音楽院に復職し、1921年に退職。その後は、アメリカ合衆国大英帝国で音楽教師として暮らした。ピーセクにて他界。

音楽について[編集]

ヤン・クベリークヤロスラフ・コチアンフアン・マネンマリー・ホールエリカ・モリーニらの門弟が驚異的な成功を収めたことにより、世界中から音楽学生がシェフチークの許に集まった。また、ハルキウ(ハリコフ)やロンドンボストンニューヨークシカゴでも教師として令名を馳せた。 シェフチークが出版したヴァイオリンの研究書や奏法論は、今なおヴァイオリン指導の必携の書として有用である。

シェフチークの生徒はわかっているだけで1000人以上おり、日本人には1920年代に欧州留学していた林龍作(1887-1960)がいる[2]。林は帰国後シェフチーク奏法に関する本を何冊か出している。

参考資料[編集]

  • Ševčík, Otakar. The Little Ševčík, An Elementary Violin Tutor (1901). Miami, Florida: Kalmus/Warner Music. ISBN 0-7692-9729-3.
  • Ševčík, Otakar” (German). Österreichisches Musiklexikon. Verlag der Österreichischen Akademie der Wissenschaften. 2008年7月16日閲覧。

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Why was enucleation of the left eye necessary in the famous Czech musician Otakar Sevcik US National Library of Medicine National Institutes of Health]
  2. ^ Otakar Sevcik; : The Enduring Legacy中畝 みのり Nakaune Minori広島修道大学人文学会 Studies in the humanities and sciences 46(1), 109-129, 2005-09-30