オズヴァルト・ヨナス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

オズヴァルト・ヨナスOswald Jonas, 1897年1月10日 - 1978年3月19日[1][2]は、オーストリア出身の音楽学者

ウィーンの商人の家に生まれ、ハインリヒ・シェンカーの友人のモーリッツ・ヴァイオリンに音楽の基礎を教わる。1918年から1920年にかけてシェンカーの下で学び、その後ハンス・ヴァイゼの下で研鑽を続けながらウィーン大学で法律の勉強も並行して行った。1921年に音楽学の学位を取得。1930年から1934年までシュテルン音楽院の講師を務めた。1935年にウィーンでシェンカー研究所を創設し、フェリックス・ザルツァーと共に雑誌『三和音』を創刊した。

1938年にアメリカに移住し、1941年から1964年にシカゴルーズベルト大学で教鞭をとる。1962年から1965年および1973年から1975年にウィーン国立音楽院の非常勤講師を務め、晩年はカリフォルニア大学リバーサイド校で教鞭を執った。

カリフォルニア州リバーサイドにて没。

著作[編集]

  • Das Wesen des musikalischen Kunstwerks: Eine Einführung in die Lehre Heinrich Schenkers. Saturn-Verlag, Vienna 1934.

[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ [2]