オスバルド・サルバドル・エスクデロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オスバルド・エスクデロ Football pictogram.svg
名前
本名 オスバルド・サルバドル・エスクデロ
Osvaldo Salvador Escudero
ラテン文字 Osvaldo ESCUDERO
基本情報
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
生年月日 (1960-10-15) 1960年10月15日(56歳)
出身地 コリエンテス州パソ・デ・ロス・リブレススペイン語版
身長 160cm
選手情報
ポジション FW / MF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1978-1979 アルゼンチンの旗 チャカリタ 37 (6)
1979 アルゼンチンの旗 ベレス・サルスフィエルド 9 (0)
1980 アルゼンチンの旗 チャカリタ
1981 アルゼンチンの旗 ボカ・ジュニアーズ 41 (5)
1982-1985 アルゼンチンの旗 ウニオン 137 (20)
1986 アルゼンチンの旗 インデペンディエンテ 26 (5)
1986-1989 アルゼンチンの旗 ロサリオ・セントラル 116 (16)
1989-1990 アルゼンチンの旗 ラシン・クラブ 52 (6)
1991 エクアドルの旗 バルセロナ
1991-1992 日本の旗 三菱 / 浦和レッズ 30 (4)
1993 アルゼンチンの旗 プラテンセ 16 (1)
1993-1994 アルゼンチンの旗 フォーエバー
代表歴2
1979 アルゼンチンの旗 アルゼンチン U-20 5 (1)
監督歴
2012 エルサルバドルの旗 サンタテクラ
2014-2016 エルサルバドルの旗 サンタテクラ
2016-2017 エルサルバドルの旗 FAS
1. 国内リーグ戦に限る。
2. 2016年3月4日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

オスバルド・サルバドル・エスクデロスペイン語: Osvaldo Salvador Escudero, 1960年10月15日 - )は、アルゼンチンコリエンテス州パソ・デ・ロス・リブレススペイン語版出身の元サッカー選手、サッカー指導者。そのプレーぶりからアルディレス2世とも呼ばれた。愛称はピチ (Pichi) 。

経歴[編集]

日本で開催された1979 FIFAワールドユース選手権の優勝メンバーで、アルゼンチンU-20代表の右ウイングとしてディエゴ・マラドーナラモン・ディアスらを擁する攻撃陣の一翼を担った。

1991年日本サッカーリーグ1部の三菱重工業サッカー部(現・浦和レッドダイヤモンズ)にパトリシオ・マカリスター英語版と共に加入し、同クラブ史上初の外国人選手となった。日本リーグ通算15試合2得点を記録。

1992年のJリーグカップ天皇杯においても突破力のある鋭いドリブルを武器に、福田正博柱谷幸一らの得点をアシストする活躍を見せ浦和の躍進を支えたが、1993年のJリーグの開幕前に契約満了により退団した。

家族[編集]

息子のダミアンレアル・バリャドリードに所属し、アルゼンチンA代表経験もある。弟のセルヒオもかつて浦和でプレーし、引退後は埼玉栄高等学校サッカー部総監督などを務めた。またセルヒオの息子で甥のエスクデロ競飛王は日本育ちで、父と共に日本国籍を取得しており、U-23日本代表にも選出された。

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 JSL杯/ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1991-92 三菱 14 JSL1部 18 4 1 0
1992 浦和 - J - 7 0
通算 日本 J - 7 0
日本 JSL1部 18 4 1 0
総通算

その他の公式戦

代表歴[編集]

外部リンク[編集]