オストロージクィイ家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
オストログスキ家から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
オストロージクィイ公家の本拠地オストローフ町。中世・近世のルーシ人の政治・文化の中心。

オストロージクィイ家ウクライナ語Остро́зькі)もしくはオストログスキ家ポーランド語Ostrogscy)は、14世紀から17世紀初頭にかけてリトアニア大公国ポーランド・リトアニア共和国に存在したルーシ系の公家である。ウクライナヴォルィーニ地方オストローフ町を本領としていた。ゲディミナスの子孫であったが、リューリクの子孫であると自称。自国を持たなかったルーシ人の指導者で、正教会の保護者であった。

当主[編集]

紋章[編集]

オストロージクィイ家の紋章

 関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Kempa T. Dzieje rodu Ostrogskich. – Torun: Wydawnictwo Adam Marszałek, 2002. – s.151.

参考文献[編集]

  • ポーランド・ウクライナ・バルト史伊東孝之井内敏夫中井和夫編、山川出版社〈世界各国史; 20〉、東京、1998年(日本語)。000002751344。ISBN 4-634-41500-3
  • 黒川祐次物語ウクライナの歴史 : ヨーロッパ最後の大国中央公論新社中公新書; 1655〉、東京、2002年(日本語)。000003673751。ISBN 4-121-01655-6
  • (ウクライナ語) Войтович Л. Князівські династії Східної Європи (кінець IX — початок XVI ст.) (東欧の公朝(9世紀末‐16世紀初頭)). — Львів, 2000.

外部リンク[編集]