オストロク聖書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
『オストロク聖書』
1581年に完成した『オストロク聖書』に見入る当時の人々(最近の絵)

オストロク聖書』(オストロクせいしょ、ウクライナ語: Острозька Бібліяロシア語: Острожская Библия英語: Ostrog Bible )は、1581年に成立した、キリスト教聖書全書(旧約・新約)の初の教会スラブ語訳である。ポーランド・リトアニア共和国のオストロク(現在はウクライナリウネ州オストロフ)で作られたので、この名がある[1]

教会スラブ語テキストは、1499年の『ゲンナディ聖書』を含むあらゆる資料から集められて、ヘラシム・スモトルイツキー(Herasym Smotrytsky)が正教会の伝統に則って「マソラ本文」(ヘブライ語)はでなく、『七十人訳聖書』(その「アレクサンドリア写本」)に照らして正確性を確かめている[2]。印刷はイヴァン・フョードロフ(Иван Фёдоров)がオストロージクィイ家の当主コンスタンティ・ヴァシーリ・オストログスキ大公の協力を得て行なった。[3]

『オストロク聖書』は1,256ページの膨大な作業を伴う功績であった。オストログスキ大公は聖書のコピーをグレゴリウス13世 教皇イヴァン大帝へ送っている。大帝はイギリス大使にも送っている。フョードロフは400冊を印刷して、現在300冊のみが残っている。

脚注[編集]

参照項目[編集]

外部リンク[編集]