オスカル・セビリャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はセビリャ第二姓(母方の)はリベラです。
オスカル・セビリャ
Óscar Sevilla
Cycling (road) pictogram.svg
Oscar Sevilla.JPG
個人情報
本名 Óscar Miguel Sevilla Ribera
オスカル・ミゲル・セビリャ・リベラ
愛称 エルニーニョ
生年月日 (1976-09-29) 1976年9月29日(40歳)
国籍 スペインの旗 スペイン
チーム情報
所属 ロックレーシング
分野 ロードレース
役割 選手
特徴 クライマー
プロ所属チーム
1998–2003
2004
2005–2006
2007
2008–2009
2011–
ケルメ
フォナック
T-モバイル
リラックス・ガム
ロックレーシング
ゴベラシオン・デ・アンティオキア
主要レース勝利
ツール・ド・フランス 新人賞 2001
カタルーニャ一周 区間1勝
最終更新日
2010年1月17日

オスカル・セビリャ(Óscar Sevilla、1976年9月29日 - )は、スペイン、オサ・デ・モンティエル出身の自転車競技ロードレース)選手。

経歴[編集]

1998年、ケルメと契約を結んでプロ転向。下記に示すとおり、優勝経験こそないものの、グランツールでは上位の常連選手として活躍。2001年ツール・ド・フランス(以下、ツール)では新人賞を獲得。また同年のブエルタ・ア・エスパーニャ(以下、ブエルタ)では、第20ステージまで総合首位だったが、最終第21ステージの個人タイムトライアルでアンヘル・カセロに逆転され、47秒差及ばず2位に終った。また、2002年のブエルタでも、第6~第15ステージまで総合首位だったが、難関の箇所であるアングリルを通過する第16ステージで後退。その後、当時チームメイトだったアイトール・ゴンサレスに総合優勝を奪われてしまった。

2004年、フォナックに移籍。2005年、T-モバイルに移籍し、当時チームリーダーだったヤン・ウルリッヒのアシストとして、同年のツールでは、山岳コースで力強い走りを披露した。しかし翌2006年オペラシオン・プエルトに当人の名前があったことからドーピングの疑いがかけられ、ウルリッヒとともに同年のツール参加を拒まれてしまい、加えて同年7月22日、T-モバイルから契約を打ち切られた。

その後、2007年にリラックス・ガム、2008年からはロックレーシングにチームを移し、活動している。

グランツール戦績[編集]

ツール・ド・フランス[編集]

  • 2001 : 7位、新人賞。
  • 2002 : 第16ステージ棄権
  • 2004 : 24位
  • 2005 : 18位

ブエルタ・ア・エスパーニャ[編集]

  • 2000 : 14位
  • 2001 : 2位、総合首位12日間
  • 2002 : 4位、総合首位9日間
  • 2003 : 12位
  • 2004 : 22位
  • 2005 : 6位

ジロ・デ・イタリア[編集]

その他戦績[編集]

2006年

2008年

  • リーディングクラシック 優勝
  • クラシコ・RCN 総合優勝

2009年

2010年

  • ブエルタ・イ・ルタ・デ・メキシコ 総合優勝
  • ブエルタ・ア・アンティオキア 総合優勝
  • クラシカ・ナシオナル・マルコ・フィデル・スアレス 総合優勝

2011年

  • GP・インテルナシオナル・デ・カフェ 総合優勝

2012年

  • ブエルタ・イ・ルタ・デ・メキシコ 総合優勝
  • ブエルタ・ア・ボヤカ 総合優勝
  • クラシコ・RCN 総合優勝

外部リンク[編集]