オシダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オシダ
写真
分類
: 植物界 Plantae
: シダ植物門 Pteridophyta
: シダ綱 Pteridopsida
: オシダ科 Dryopteridaceae
: オシダ属 Dryopteris
: オシダ D. crassirhizoma
学名
Dryopteris crassirhizoma Nakai
和名
オシダ

オシダ学名Dryopteris crassirhizoma)は、シダ植物門オシダ科シダ植物

北海道、本州、四国、九州に広く分布する。

四国、西日本では、比較的まれ。九州では、まれ。

低地では、空中湿度が高いスギ林に好出。

薬用植物としても、用いられ、日本薬局方には駆虫薬として記載されている。

葉柄には明るい褐色の鱗片を密生。

胞子嚢群は上部の羽片につく。

胞子は二面体型で、個体差はあるものの、9月から10月に熟し、胞子嚢が裂開する。

[クマワラビ]との雑種として、フジクマワラビD.×fujipedis Sa.Kurata、

オクマワラビとの雑種として、フジオシダD.×watanabei Sa.Kurata、

カラフトメンマとの雑種として、アイズオシダD.×aizumontanum Yanagi、

オオクジャクシダとの雑種として、イノウエシダD.×yasuhikoana Sa.Kurataがある。

胞子が不稔性であれば、可能性がある。