オサバグサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オサバグサ
Pteridophyllum racemosum.JPG
2008年6月下旬 福島県会津地方
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : モクレン亜綱 Magnoliidae
: ケシ目 Papaverales
: ケマンソウ科 Fumariaceae
: オサバグサ属 Pteridophyllum
: オサバグサ P. racemosum
学名
Pteridophyllum racemosum Siebold et Zucc.
和名
オサバグサ(筬葉草)

オサバグサ(筬葉草、学名: Pteridophyllum racemosum )はケマンソウ科オサバグサ属の1属1種の多年草オサバグサ科に分類することがある。

新エングラー体系ではケシ科に分類されていた。新しいAPG植物分類体系ではケシ科もしくは独立のオサバグサ科( Pteridophyllaceae )としている。

特徴[編集]

は多数根生し、長さ10-20cm、幅2.5-3cmになり、基部は短い柄をもつ。葉はの歯状に深く裂け、表面にあらい毛をもち、裂けた羽片の幅は3mmになる。花期は6-8月。花茎は直立し、高さは15-25cmになり、花茎の上部に、白色の4弁のを下向きに多数つける。小花柄の長さは10-15mm、花弁は長楕円形で長さは5mmになる。

葉の形がシダ類に似、機織の筬(おさ)に似ていることからこの名がついた。

分布と生育環境[編集]

日本特産。本州の中部地方、東北地方に分布し、亜高山帯針葉樹林の林床、林縁にまれに生育する。

ギャラリー[編集]

展開し始めた葉と花茎 

参考文献[編集]