オコト・ビテック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

オコト・ビテック(Okot p'Bitek、1931年6月7日-1980年7月20日)は、ウガンダ作家詩人社会学者サッカー選手

経歴[編集]

グル県グル出身。高校卒業後、教師として働きながらサッカー選手としてウガンダ代表に選ばれていた。イギリスへとサッカー遠征を行ったのをきっかけにイギリスへと留学し、ブリストル大学アベリストウィス大学オックスフォード大学などで学んだ。

帰国後はマケレレ大学で講師を務める傍らウガンダ国立劇場主任や、国立文化センター所長などをつとめていたが、1968年に反政府発言により国外退去を余儀なくされた。亡命期間にはナイロビ大学アイオワ大学で講師を務めていた。再帰国後はオバフェミ・アウォロウォ大学教授を経て、マケレレ大学教授を務めた。

代表作に『ラウィノの歌』(Song of Lawino、1966年)と『オチョルの歌 』(Song of Ocol、1970年)がある。

外部リンク[編集]