オグニャン・ゲルジコフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

オグニャン・ステファノフ・ゲルジコフОгнян Стефанов Герджиков1946年3月19日 - )は、ブルガリア共和国の政治家。同国の国民議会議長、暫定首相などを歴任した。

経歴[編集]

1946年にソフィアで生まれる。ソフィア大学法学部を卒業、1979年から同大法学部講師となり、後に教授となった[1]。専門は商法民法1993年から1994年には、同大学副学長を務めた。

2001年7月5日から、国民議会議長を務めたが[2]2005年2月4日に議長を解任された[3]。任期中の2001年11月12日から11月17日にかけて、衆議院議長の招待により来日している[4]

2005年から2009年までは、安定と進歩国民運動英語版(NDSV)に所属する国民議会議員として、人権・宗教委員会委員長を務めた。

2016年ブルガリア大統領選挙英語版において、ボイコ・ボリソフ首相の所属するヨーロッパ発展のためのブルガリア市民 (GERB) の候補が敗北したことを受け、首相は辞任を表明し、前倒し総選挙が実施されることになった。これに伴いルメン・ラデフ大統領によって暫定首相に指名され、2017年1月27日から5月4日まで務めた[5]

2006年には、ブルガリアの最上位の勲章である「スタラ・プラニナ勲章ブルガリア語版」を受章した。

参考資料[編集]

公職
先代:
ヨルダン・ソコロフ英語版
ブルガリアの旗 ブルガリア共和国国民議会議長
2001年7月5日~2005年2月4日
次代:
ボリスラフ・ベリコフブルガリア語版
先代:
ボイコ・ボリソフ
ブルガリアの旗 ブルガリア共和国首相
(暫定)
2017年1月27日~5月4日
次代:
ボイコ・ボリソフ