オクサナ・アキンシナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オクサナ・アキンシナ
Оксана Акиньшина
Оксана Акиньшина
本名 Оксана Александровна Акиньшина
生年月日 (1987-04-19) 1987年4月19日(31歳)
出生地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
Flag of the Russian Soviet Federative Socialist Republic.svg ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国レニングラード州レニングラード
国籍 ロシアの旗 ロシア
職業 女優
ジャンル テレビ映画
活動期間 1999 - 現在

オクサナ・アキンシナ(Oksana Akinshina、ロシア語: Оксана Александровна Акиньшина1987年4月19日 - )は、ロシア女優[1]

来歴[編集]

ロシア映画『Stilyagi』にて(2008年)

ソビエト連邦レニングラード州レニングラード(現在のサンクトペテルブルク)にて生まれた。アキンシナは、ロシアのセルゲイ・ボドロフ監督の息子であり2002年に事故死したセルゲイ・ボドロフ・Jrにより才能を発掘され12歳でデビューした。2001年には、『Sisters』で映画デビューした。2002年において、スウェーデンルーカス・ムーディソン監督の作品である『リリア 4-ever』に主演した。当時、彼女はロシア語しかできなかったが、英語とスウェーデン語は通訳を通して行われた。 彼女は『リリア 4-ever』で高い評価を得て、数多くの国際的な賞を受賞およびノミネートされた。 ほかの彼女の出演作としては、アメリカ、イギリス、スペインの合作映画『モスクワ・ゼロ』と『ボーン・スプレマシー』である。

主な出演作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Oksana Akinshina Biography”. imdb. 2011年11月14日閲覧。

外部リンク[編集]