オキナタケ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
オキナタケ科
Goldmistpilze2.jpg
シワナシオキナタケ
分類
: 菌界
: 担子菌門
: 真正担子菌綱
: ハラタケ目
亜目 : ハラタケ亜目
: オキナタケ科
学名
Bolbitiaceae

オキナタケ科(Bolbitiaceae)は担子菌門真正担子菌綱ハラタケ目の菌類。

この科は傘の裏の襞に子実層を持っており、胞子は茶色、傘の形は半球型である。

各属の違い[編集]

オキナタケ属(Bolbitius)は細く、クヌギタケ属に似ている。傘の表面はゼリー状になっている。覆いはなく、腐生生物であり、草地に生える傾向がある。

コガサタケ属(Conocybe)は細く、クヌギタケ属に似ている。傘の表面は乾燥している。この属は小さく、腐生生物であり、草地に生える傾向がある。頭状の縁シスチジアをもっている。

フミヅキタケ属(Agrocybe)は細く、中身の詰まった柄をもち、柄はつばのような物に覆われている。このつばのような物は崩れたものであり傘の縁にのみある。

ツチイチメガサ属(Pholiotina)は細く、クヌギタケ属に似ている。傘の表面は乾燥している。この属は小さく、腐生生物で、草地に生える傾向がある。また、柄には土筆の袴のようなものがある。幾つかの種は柄の中間に、膜質の袴を持っており、それ以外のものはつばが崩れており、傘の縁に見つかる。これらはコガサタケ属から分けられ、縁シスチジアが頭状ではない。

ヒガサタケ属(Panaeolus)は細く、やはりクヌギタケに似ている。傘の表面は乾燥しており、胞子紋は暗褐色から黒色をしており、沈殿する。小さく、腐生生物であり、草地に生える傾向がある。胞子がキノコの襞の胞子嚢で熟成すると、斑点状になる。

ヒメシバフタケ属(Panaeolina)は細く、やはりクヌギタケに似ている。傘の表面は乾燥しており、胞子紋は暗褐色から黒色で、沈殿する。ヒガサタケ属から分離して作られた属で、ヒガサタケ属は胞子にこぶがあるが、ヒメシバフタケ属はこぶがない。

関連項目[編集]