オガラバナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
オガラバナ
Acer ukurunduense (200707).jpg
オガラバナ(北海道斜里岳・2007年7月)
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: ムクロジ目 Sapindales
: ムクロジ科 Aceraceae
: カエデ属 Acer
: オガラバナ A. ukurunduense
学名
Acer ukurunduense Trautv. et C.A.Mey.[1]
シノニム

Acer caudatum Wall. subsp. ukurunduense (Trautv. et C.A.Mey.) E.Murray

和名
オガラバナ(麻幹花)

オガラバナ(麻幹花、学名:Acer ukurunduense)はムクロジ科カエデ属[注 1]落葉小高木。同じ株に両性花と雄花が出る雄性同株[2]。別名、ホザキカエデ[2][3]

特徴[編集]

樹高は3mから10mに達する。冬芽の鱗片は2-3対ある。今年には黄褐色の短毛が密生する。は長さ4-8cmの葉柄をもって対生する。葉身は長さ、幅ともに6-13cm、掌状に5-7浅裂・中裂し、裂片の先端は鋭くとがり、基部は浅心形から切形になり、縁には欠刻状の鋸歯がある[3]。葉の表面は全体に短毛が散生し、裏面の脈上に淡褐色の短軟毛が生え、裏面全体に灰白色の軟毛が密生する。

花期は6-8月。長さ10-20cmの円柱形の複総状花序を有花枝の先端に直立させる。花は花序に100-200個つき、黄緑色になる。花弁萼片は5個、雄蕊は8個ある。子房には細軟毛があり、2分する花柱は外曲する。果期は9-10月。果実翼果で2個の分果からなり、分果の長さは1.5-2cmになる。

和名の由来は、樹木が麻幹(おがら:皮をはいだ麻の茎のこと)のように柔らかいことから。花穂が直立することからホザキカエデとも呼ばれる[2]

分布と生育環境[編集]

日本では北海道、本州の中部地方以北と四国に分布し[2]、山地または亜高山帯の林縁に生育する[3]。アジアでは、東シベリア、樺太、南千島、中国東北部、朝鮮に分布する。

ギャラリー[編集]

下位分類[編集]

  • ウスゲオガラバナ Acer ukurunduense Trautv. et C.A.Mey. f. pilosum (Nakai) Nakai ex H.Hara -葉裏の毛が少なく、葉脈のみに短毛があるもの。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ APG体系ではムクロジ科に分類されるが、古いエングラー体系クロンキスト体系ではカエデ科に分類されていた[1]

出典[編集]

  1. ^ a b 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Acer ukurunduense Trautv. et C.A.Mey.” (日本語). BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2022年5月31日閲覧。
  2. ^ a b c d オガラバナ”. www.rinya.maff.go.jp. 東北森林管理局. 2022年3月18日閲覧。
  3. ^ a b c オガラバナ (ホザキカエデ)”. www.rinya.maff.go.jp. 北海道森林管理局. 2022年3月18日閲覧。

参考文献[編集]

  • 佐竹義輔他編『日本の野生植物 木本Ⅱ』(1989)平凡社
  • 茂木透、石井英美他『樹に咲く花(離弁花2) 山渓ハンディ図鑑4』(2000)山と渓谷社