オガデン民族解放戦線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ONLFの旗

オガデン民族解放戦線(オガデンみんぞくかいほうせんせん、英語: Ogaden National Liberation Frontソマリ語:Jabhadda Wadaniga Xoreynta Ogaadeenya、アムハラ語ኦጋደን፡ ብሔራዊ፡፡ነጽነት፡ግንባር)とは、エチオピア東部で活動するイスラム系武装反政府組織。ソマリ人を主体とした。英文の略称はONLF、ソマリ語の略称はJWXO

概要[編集]

1984年設立。 エチオピア東部のソマリ州オガデン地方の自治権拡大・分離独立を訴え[1][2]エチオピア軍との武装闘争を繰り広げる。 エチオピア軍が、隣国のソマリアがらみの対テロ対策対テロ戦争)でアメリカ軍などの強力なバックアップを受けているのに対し、民族解放戦線側の支援はイスラム系の団体などからの支援のみで軍事的には著しく劣勢である。 しかし、エチオピア軍がオガデン地方で弾圧を強めていることから、地域住民の不満を吸収する形で兵力を増強する構図ができており、数千人規模の戦闘要員を擁しているものと考えられている[要出典]

指導者は、ムハンマド・オマル・オスマン英語版である[1]

2006年以降は、中国(政府)系企業を襲撃対象としていることから、今後は最新の武器弾薬の調達は困難になるものと考えられている[要出典]

主な活動[編集]

活動中のONLF(2006年)
  • 1984年 - オガデン戦争の敗残兵(民兵)を中心に結成される[1]
  • 1994年 - 対エチオピア軍に対して本格的な武装闘争を開始。
  • 2005年 - 南アフリカ共和国の仲介により和平交渉が行われるものの決裂。
  • 2006年 - エチオピア政府はオガデン地方へ2万人程度の地上兵力、航空機を投入する大規模な作戦を開始。政府軍と全面戦争状態となる。しかし地形的に隔絶している砂漠地方での作戦は続かず、オガデン民族解放戦線を掃討するまで至らず。また戦闘行動と並行して、ONLFはエチオピア東部地域で活動する外国資本に対し撤退するよう警告を発出した後、9月には国際機関職員2人を一時拉致する行動を見せた。地域一帯で資源探査を行っている中国系石油会社従業員と誤認したものと考えられている。
  • 2007年 - 4月24日早朝、中華人民共和国の石油企業(シノペック)の油田開発施設を襲撃。警備をしていたエチオピア軍と交戦状態になり、中国人9人とエチオピア人65名を殺害。さらに中国人7人を拉致した[1]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d オガデン民族解放戦線(ONLF)”. 国際テロ組織 世界のテロ組織等の概要・動向. 公安調査庁. 2018年2月10日閲覧。
  2. ^ “エチオピアのメレス首相が死去、入院中に容体急変”. AFP通信. (2012年8月22日). http://www.afpbb.com/articles/-/2896493?pid=9389754 2018年2月10日閲覧。 

外部リンク[編集]