オカダトカゲ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オカダトカゲ
オカダトカゲ
オカダトカゲ Plestiodon latiscutatus
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
: 有鱗目 Squamata
亜目 : トカゲ亜目 Sauria
下目 : スキンク下目 Scincomorpha
: トカゲ科 Scincidae
: トカゲ属 Plestiodon
: オカダトカゲ P. latiscutatus
学名
Plestiodon latiscutatus
Hallowell, 1861
シノニム

Eumeces latiscutatus okadae
Stejneger, 1907

和名
オカダトカゲ
英名
Okada's five-lined skink

オカダトカゲPlestiodon latiscutatus)は、爬虫綱有鱗目トカゲ科トカゲ属に分類されるトカゲ。

分布[編集]

日本伊豆半島富士山以南、富士川以東、酒匂川以西>、伊豆諸島[1][2][3]固有種[a 1]

模式標本の産地(模式産地)は下田静岡県[2]

形態[編集]

全長20-25センチメートル[3]。頭胴長6-9.6センチメートル[a 1]。胴体中央部の斜めに列になった背面の鱗の数(体列鱗数)は28か30(御蔵島、三宅島の個体群)[1][3][a 1]

幼体時の体色や斑紋が成長に伴い消失するのが早い[3]

分類[編集]

本種に対応する旧学名はEumeces okadae(旧トカゲ属Eumeces)で、伊豆諸島のみに分布すると考えられていた[2]。しかしアロザイム分子系統学的解析から伊豆半島のニホントカゲと考えられていた個体群が本種であることが判明した[2]。ニホントカゲの旧学名Eumeces latiscutatusの模式産地は下田だったことから、Eumeces latiscutatusはニホントカゲではなく本種ということになり標準和名と学名の対応が変更された[2]

生態[編集]

草原常緑広葉樹林海岸などに生息する[a 1]ニホンイタチによる捕食圧が強い地域では、主に民家周辺の石垣に生息する[a 1]

食性は動物性で、昆虫クモ甲殻類ミミズなどを食べる[a 1]

繁殖形態は卵生。三宅島では4-5月に交尾する。6-7月に石や倒木の下などに穴を掘り1回に3-15個の卵を産む[1][3][a 1]。卵は34-41日で孵化する[a 1]。生息数が多い島では産卵数が少なかったり、隔年繁殖を行うなどの地域変異がある。3年で性成熟し、寿命は約6年と考えられている[a 1]

人間との関係[編集]

開発による生息地の破壊、人為的に移入されたニホンイタチによる捕食により生息数が減少している[a 1]

絶滅のおそれのある地域個体群環境省レッドリスト

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 千石正一監修 長坂拓也編 『爬虫類・両生類800種図鑑 第3版』、ピーシーズ、2002年、319頁。
  2. ^ a b c d e 疋田努トカゲ属の学名変更〜EumecesからPlestiodonへ〜」『爬虫両棲類学会報』Vol.2006 No.2、日本爬虫両棲類学会、2006年、143-144頁。
  3. ^ a b c d e 深田祝監修 T.R.ハリディ、K.アドラー編 『動物大百科12 両生・爬虫類』、平凡社1986年、160頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]