オオミミギツネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オオミミギツネ
オオミミギツネ
オオミミギツネ Otocyon megalotis
保全状況評価[a 1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: ネコ目 Carnivora
: イヌ科 Canidae
: オオミミギツネ属 Otocyon
: オオミミギツネ O. megalotis
学名
Otocyon megalotis (Desmarest, 1822)
和名
オオミミギツネ
英名
Bat-eared fox
Big-eared fox

Bat-eared Fox area.png

オオミミギツネOtocyon megalotis)は、哺乳綱ネコ目(食肉目)イヌ科オオミミギツネ属に分類される食肉類。本種のみでオオミミキツネ属を構成する。

分布[編集]

ケニアザンビア南部、スーダン南部、ソマリアタンザニア南アフリカ共和国など[1][2]

形態[編集]

体長46-66センチメートル[2]。尾長23-34センチメートル[2]体重3-5.3キログラム[2]。毛衣は灰褐色や黄褐色で、腹面は淡褐色[2]。眼から吻端にかけてや耳介外側、四肢下部、尾先端の毛衣は黒や濃褐色[2]。東部個体群は毛衣が褐色みを帯び暗色部が濃褐色で、南部個体群は毛衣が灰色みを帯び暗色部が黒い[2]

瞳孔は縦長[2]。耳介は11.4-13.5センチメートルと大型[2]。大型の耳介は獲物の位置を探知したり、放熱に役立つと考えられている[1]。歯列は門歯が上下6本、犬歯が上下2本、前臼歯が上下8本、臼歯が上顎6-8本、下顎8-10本で計46-50本[1][2]。歯は発達しないが臼歯の数が多い[1](イヌ科他種は計42本以下[2])。下顎に段状の突起がありこれにより顎二腹筋が支えられ、シロアリを素早く咀嚼することができる[1]

出産直後の幼獣は体重0.1キログラム[2]。乳頭の数は4個[2]

分類[編集]

臼歯が多いことからイヌ科内でも原始的な種と考えられ、本種のみでオトキオン亜科を構成する説もあった[2]。一方で系統解析ではハイイロギツネに近縁とする説もある[2]

生態[編集]

乾燥したサバンナなどに生息する[2]。0.5-1.5ヘクタールの行動圏内で生活する[2]。採食域は重複し、群れ同士が遭遇しても干渉しなかったり一方で激しく争うこともある[1]夜行性だが、気温の低い日には日中に活動することもある[2]。ペアもしくは家族群を形成し生活する[2]。一方で1頭のオスが2頭のメスといた例もある[1][2]。自分で巣穴を掘ったり[1]ツチブタトビウサギの古巣を利用する[2]

食性は動物食傾向の強い雑食で、食性の80%を昆虫が占める(そのうちシュウカクシロアリが食性の70%を占めることもあり、タマオシコガネ類などの甲虫の割合も大きい)[1][2]サソリ、小型爬虫類鳥類、小型哺乳類、果実なども食べる[1][2]。糞あるいは糞場に発生した植物に集まる昆虫を食べることもあるため、大型有蹄類の近くで見られることもある[1]

繁殖形態は胎生。妊娠期間は60-70日[2]。巣穴で1回に2-5頭の幼獣を産む[1]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l 今泉吉典監修 D.W.マクドナルド編 『動物大百科1 食肉類』、平凡社1986年、82-83、85頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x 今泉吉典監修 『世界の動物 分類と飼育2 (食肉目)』、東京動物園協会、1991年、129頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ The IUCN Red List of Threatened Species
    • Nel, J.A.J. & Maas, B. 2008. Otocyon megalotis. In: IUCN 2011. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2011.1.