オオミテングヤシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オオミテングヤシ
Mauritia.jpg
オオミテングヤシ Mauritia flexuosa
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 単子葉植物綱 Liliopsida
: ヤシ目 Arecales
: ヤシ科 Arecaceae
: テングヤシ属 Mauritia
: オオミテングヤシ Mauritia flexuosa L.f.
学名
Mauritia flexuosa L.f.
シノニム
  • Mauritia flexuosa var. venezuelana Steyerm.
  • Mauritia minor Burret
  • Mauritia sagus Schult. & Schult.f.
  • Mauritia setigera Griseb. & H.Wendl.
  • Mauritia sphaerocarpa Burret
  • Mauritia vinifera Mart.
  • Saguerus americanus H.Wendl.
和名
オオミテングヤシ
ミリチーヤシ
アグアヘ
アグア
アルマジロナッツ
英名
Aguaje
Buriti
Moriche Palm
Morete Palm

オオミテングヤシ (学名: Mauritia flexuosa )は、南アメリカ大陸アマゾン熱帯雨林気候における低湿地の沼地に群落がみられる[1]ヤシ科テングヤシ属の高木である。 成木は、幹の直径が約60cmほど[2]で、樹高は凡そ30-35mほどになる。

利用[編集]

果実
オオミテングヤシの果実

果実を食用、果汁から果実酒、髄はパンの代用に用いられる[3]繊維漁網ハンモックとして用いられる[3]屋根葺き用、建材に用いられる[3]。 その有用性から1980年代頃には乱獲が危惧されるようになってきた[2]

果実よりとれる食用油には、トコフェロールカロテンオレイン酸トリグリセリドであるトリオレインといった栄養素が含まれる[4]。 また葉からの抽出物を分析すると、タンニンフラボノイドカテキンステロイドトリテルペンサポニンカプリン酸デカン酸)、ラウリン酸ドデカン酸)、ミリスチン酸テトラデカン酸)、フタル酸1,2-ベンゼンジカルボン酸)、パルミチン酸ヘキサデカン酸)、ステアリン酸オクタデカン酸)、リノール酸(オクタデカン酸Ω-3脂肪酸)、リノレン酸オクタデカトリエン酸Ω-6脂肪酸)、シトロネロールフィトールテルペンといった成分が含まれており、健康食品化粧品などの応用に有用な可能性がある[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]