オオホウカンチョウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オオホウカンチョウ
Crax rubra (Great Curassow) - male.jpgオス
メスメス
保全状況評価
VULNERABLE
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 VU.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: キジ目 Galliformes
: ホウカンチョウ科 Cracidae
: ホウカンチョウ属 Crax
: オオホウカンチョウ C. rubra
学名
Crax rubra Linnaeus, 1758
和名
オオホウカンチョウ
英名
Great Curassow

オオホウカンチョウ(大鳳冠鳥、学名:Crax rubra)は、キジ目ホウカンチョウ科の鳥[1]

分布[編集]

中央アメリカから南アメリカ北部にかけて分布する。

形態[編集]

全長91cm。

生態[編集]

熱帯雨林に生息し、林床部で果実や種子、昆虫類などを採食する。

参考文献[編集]

  1. ^ オオホウカンチョウ”. 愛媛県立とべ動物園. 2019年6月16日閲覧。
  • 『小学館の図鑑NEO 鳥』 小学館、2002年、165頁。