オオベニゴウカン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オオベニゴウカン
Starr 070111-3345 Calliandra haematocephala.jpg
樹形
花。拡大すると雄蕊や花弁の様子が確認できる。
花。拡大すると雄蕊や花弁の様子が確認できる。
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし : バラ類 rosids
階級なし : マメ類 fabids
: マメ目 Fabales
: マメ科 Fabaceae
亜科 : ネムノキ亜科 Mimosoideae
: ベニゴウカン属 Calliandra
: オオベニゴウカン
C. haematocephala
学名
Calliandra haematocephala
Hassk. 1844
シノニム
和名
オオベニゴウカン
英名
Powderpuff Tree, Red Powderpuff

オオベニゴウカン(大紅合歓、Calliandra haematocephala)は、マメ科ネムノキ亜科[1]ベニゴウカン属(カリアンドラ属)の熱帯常緑低木。日本では12月-5月化粧パフに似た真っ赤な半球形の10cm近いを咲かせる。

外見はネムノキによく似る。ネムノキはシンボルツリーとして庭に植えられることも多いが放っておくと10m近い大木に育ってしまうのでそれなりの広いスペースを確保するか、大きくなりすぎないように適時剪定を行うなどが必要となってくる。対し本種は樹高3m程度であり、これは近年シンボルツリーとして人気の高いトキワヤマボウシと同程度の大きさでありネムノキほど広いスペースを確保しなくとも栽培可能である。

糸状に飛び出している赤い部分は雄蕊(おしべ)である。花弁は中心付近に集まっており、色は主に赤・紫・青[2]園芸品種として雄蕊が白いものもある[3]

原産地はボリビアペルーブラジル[2]

和名であるオオベニゴウカンの他、「カリアンドラ」「カリアンドラ・ハエマトケファラ」「ベニゴウカ(紅合歓花)」「アカバナブラシマメ(赤花ブラシ豆)」などの名で呼ばれる。


同属の近縁種にCalliandra eriophylla(カリアンドラ・エリオフィラ) 和名を紅合歓(ベニゴウカン)または緋合歓(ヒネム)と呼ばれている種がある。こちらは本種よりさらに小型で1mほどの小低木であり本種と同じように園芸品種となっているが樹高だけでなく葉や花も本種より小さいので見た目の華やかさでは若干本種よりも劣る面がある。しかし反面より狭いスペースでも栽培可能であるとゆうメリットもあるのでネムノキを含め庭のスペースなどに応じてこれらのうちどれを植えるかを選択すると良い。

写真[編集]

注釈[編集]

  1. ^ クロンキスト体系ではネムノキ科とする。
  2. ^ a b オオベニゴウカン - oNLINE植物アルバム
  3. ^ Calliandra haematocephala "Albiflora" - 群馬大学