オオイトカケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オオイトカケ
Epitonium scalare shell.jpg
オオイトカケ
分類
: 動物Animalia
: 軟体動物Mollusca
: 腹足綱 Gastropoda
: 翼舌目 Ptenoglossa
上科 : イトカケガイ上科 Epitonioidea
: イトカケガイ科 Epitoniidae
: Epitonium
: オオイトカケ
E. scalare
学名
Epitonium scalare

オオイトカケ(英:Precious Wentletrap Epitonium scalare)とは、腹足綱に属するイトカケガイ科巻貝である。

和名オオイトカケは武蔵石寿の1843年の著書に既にその名が記載されている[1]。 イトカケの名前は縦肋がまるで貝が糸を掛けられているように見えるところから由来している。

形態[編集]

殻長60mm。殻は艶のある白色で、縦肋が大きく発達して各螺層が揃っているのが特徴である。 臍孔は深くなっている。

棲息域[編集]

千葉県以南、沖縄台湾中国ベトナムフィリピンインド・西太平洋及びオーストラリアの20~50メートルの細砂底。

出典[編集]

  1. ^ 武蔵石寿著『甲介群分品彙』より