オエニン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オエニン
識別情報
CAS登録番号 7228-78-6 チェック
PubChem 443652
ChEMBL CHEMBL403236 ×
特性
化学式 C23H25O12+, C23H25ClO12 (chloride)
モル質量 493.43 g/mol, 528.89 g/mol (chloride)
精密質量 493.134601 u
外観 dark brown powder (chloride)
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

オエニン(Oenin)は、アントシアニンの一種で、マルビジンの3-グルコシドである。紫色のブドウの果皮[1]ワインの中に含まれる。赤ワインの赤色色素である[2]

高pHでは、フラビリウムイオンとして自家凝縮し、またZ-カルコンと共色素となることで色が安定する[3]

オエニンは、ブドウのポリフェノールオキシダーゼ単独の下では酸化されないが、ポリフェノールオキシダーゼの粗抽出物とカフタル酸の共在下で分解され、アントシアニジン-カフタル酸付加物を生成する[4]

出典[編集]

  1. ^ Oenin on answers.com
  2. ^ http://www.wired.com/magazine/2011/08/st_whatsinside_redwine/
  3. ^ Color Stabilization of Malvidin 3-Glucoside: Self-Aggregation of the Flavylium Cation and Copigmentation with the Z-Chalcone Form. Chantal Houbiers, Joao C. Lima, Antonio L. Macanita and Helena Santos, J. Phys. Chem. B, 1998, 102 (18), pages 3578-3585, doi:10.1021/jp972320j
  4. ^ Reactions of polyphenoloxidase generated caftaricacido-quinone with malvidin 3-O-glucoside. Pascale Sarni-Manchado, Veronique Cheynier and Michel Moutounet, Phytochemistry, August 1997, Volume 45, Issue 7, pages 1365-1369, doi:10.1016/S0031-9422(97)00190-8