オウチュウ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オウチュウ科
オウチュウ
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
亜目 : スズメ亜目 Passeri
上科 : カラス上科 Corvoidea
: オウチュウ科 Dicruridae
学名
Dicruridae Vigors1825
和名
オウチュウ(烏秋)
英名
Drongos
  • オウチュウ属 Dicrurus

オウチュウ科(オウチュウか、学名 Dicruridae)は、鳥類スズメ目の科である。オウチュウ属 Dicrurus のみが現生する。

オウチュウ(烏秋)と総称されるが、狭義には Dicrurus macrocercus 1種をオウチュウと呼ぶ。

特徴[編集]

エチオピア区サハラ以南のアフリカマダガスカル)・東洋区南アジア東南アジア)・オーストラリア区メラネシア)に生息する。

全長18–40cm。ほとんどの種が全身黒色。

樹上で暮らし、昆虫食

系統と分類[編集]

オウチュウ科は従来、種数の大部分を占めるオウチュウ属 Dicrurus単型パプアオウチュウChaetorhynchus からなっていたが、パプアオウチュウの系統位置は不確実で、おそらくはオウギビタキ科 Rhipiduridae[1][2]、あるいはモズヒタキ科 Pachycephalidae に含まれる可能性が指摘されていた[3]。結局パプアオウチュウはオウギビタキ科に移され[4]、オウチュウ科は1属のみの単型科となった。

次の系統樹は Pasquet et al. (2007)[1]より。シロハラオウチュウ Dicrurus caerulescensスマトラオウチュウ Dicrurus sumatranusウォーレスオウチュウ Dicrurus densusセレベスオウチュウ Dicrurus montanusアンダマンオウチュウ Dicrurus andamanensisDicrurus lophorinus はサンプリングされていない。

オウギビタキ科

オウギビタキ属 Rhipidura

ビロードムシクイ Lamprolia

パプアオウチュウ Chaetorhynchus

カササギヒタキ科 Monarchidae

フウチョウ科 Paradisaeidae

モズ科 Laniidae

オオツチスドリ科 Corcoracidae

オウチュウ科
オウチュウ属

ヒメオウチュウ Dicrurus aeneus

カクビオウチュウ Dicrurus ludwigii

テリハオウチュウ Dicrurus atripennis

ハイイロオウチュウ Dicrurus leucophaeus

コモロオウチュウ Dicrurus fuscipennis

ビロウドオウチュウ Dicrurus modestus

オウチュウ Dicrurus macrocercus

クロオウチュウ Dicrurus adsimilis

マダガスカルオウチュウ Dicrurus forficatus

アルダブラオウチュウ Dicrurus aldabranus

マヨットオウチュウ Dicrurus waldenii

ヒメカザリオウチュウ Dicrurus remifer

カンムリオウチュウ Dicrurus hottentottus

ヤハズカンムリオウチュウ Dicrurus balicassius

テリオウチュウ Dicrurus bracteatus

フキナガシオウチュウ Dicrurus megarhynchus

ハシブトオウチュウ Dicrurus annectans

カザリオウチュウ Dicrurus paradiseus

カラス科 Corvidae

カラス上科の中でオウチュウ科など7科が単系統を形成するが、それらの系統関係は不確実である[2][5]。なお、パプアオウチュウが移されたオウギビタキ科はこの単系統に含まれるが、議論された(しかし採用されなかった)モズヒタキ科はこの単系統には含まれない。

Sibley & Ahlquist (1990) ではパプアオウチュウと併せて、カラス科オウチュウ亜科 Dicrurinae オウチュウ族 Dicrurini とされていた。オウチュウ亜科には他に、およそ現在のオウギビタキ科カササギヒタキ科が含まれていた。

属と種[編集]

国際鳥類学会議 (IOC)[4]より。1属25種。

除外された属と種[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b Pasquet, E.; Pons, J.-M.; et al. (2007), “Evolutionary history and biogeography of the drongos (Dicruridae), a tropical Old World clade of corvoid passerines”, Mol. Phylogenet. Evol. 45: 158–167, http://research.calacademy.org/files/Departments/om/Pasquet%202007%20MPE%20pp158.pdf 
  2. ^ a b Irestedt, M.; Fuchs, J.; et al. (2008), “The systematic affinity of the enigmatic Lamprolia victoriae (Aves: Passeriformes)―an example of avian dispersal between New Guinea and Fiji over Miocene intermittent land bridges?”, Mol. Phylogenet. Evol. 48: 1218–1222 
  3. ^ Gill, Frank; Donsker, David, eds. (2010), IOC World Bird Names, version 2.5 
  4. ^ a b Gill, Frank; Donsker, David, eds. (2014), “Vireos, crows, and allies”, IOC World Bird Names, version 4.4 
  5. ^ Norman, J.A.; Ericson, P.G. P.; et al. (2009), “A multi-gene phylogeny reveals novel relationships for aberrant genera of Australo-Papuan core Corvoidea and polyphyly of the Pachycephalidae and Psophodidae (Aves: Passeriformes)”, Mol. Phylogenet. Evol. 52 (2): 488–497, http://www.nrm.se/download/18.2656c41712139f1fb5b80006027/Norman+et+al+2009+core+Corvoidea.pdf