オイゲン・ヨハン・クリストフ・エシュペル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オイゲン・ヨハン・クリストフ・エシュペル

オイゲン・ヨハン・クリストフ・エシュペル(Eugen Johann Christoph Esper またはEugenius Johann Christoph Esper、1742年6月2日 - 1810年7月27日)はドイツの昆虫学者、植物学者、病理学者、鉱物学者である。

略歴[編集]

現在のバイエルン州ヴンジーデルで生まれた。兄に古生物の研究で知られる、ヨハン・フリードリヒ・エシュペルがいる。父親は牧師で、植物学者、シュミデル(Kasimir Christoph Schmidel)の友人で、自然愛好家で兄弟も父親の影響を受けた。神学を学ぶが、植物学に転じ、エアランゲン大学で1781年に博士号を得た。エアランゲン大学の非常勤教授となり、1797年から常勤教授となり、1805年に博物学部長となった。

著書には『蝶類:画像と解説』("Die Schmetterlinge in Abbildungen nach der Natur mit Beschreibungen" :1776-1807))などがある。豊富な画像がつけられた著作で、第2版はシャルパンティエ(Toussaint de Charpentier)によって1829年から1830年に再刊された。博物画家として有名なマリア・ジビーラ・メーリアンの集めた標本を含む、ゲーニンク(Johann Christian Gerning)の膨大な昆虫のコレクションを最初の科学的な研究を行った。

病理学の分野では、古代の病気について研究する古病理学(palaeopathology)の分野の先駆者となった。

著書の図版[編集]

Die Schmetterlinge in Abbildungen nach der Natur の図版、(ゲーニンクによる増補版)

著作[編集]

  • Die Schmetterlinge in Abbildungen nach der Natur mit Beschreibungen. Walther & Weigel, Erlangen, Leipzig 1777–1839 post mortem doi:10.5962/bhl.title.15535
  • De varietatibus specierum in naturæ productis. Erlangen 1781.
  • Ad audiendam orationem. Erlangen 1783.
  • Naturgeschichte im Auszuge des Linneischen Systems, mit Erklärung der Kunstwörter. Nürnberg 1784.
  • Die Pflanzenthiere in Abbildungen nach der Natur, mit Farben erleuchtet, nebst Beschreibungen. Raspe, Nürnberg 1791–1830 post mortem
  • Icones fucorum. ... Abbildungen der Tange. Raspe, Nürnberg 1797–1818 p.m.
  • Lehrbuch der Mineralogie. Palm, Erlangen 1810.
  • Die ausländischen Schmetterlinge in Abbildungen nach der Natur. Erlangen, im Verlage der Expedition des Esper'schen Schmetterlings- und des Schreber'schen Säugthierwerkes, [1830] doi:10.5962/bhl.title.12489

参考文献[編集]