エーロ・ビステル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
エーロ・ビステル
Eero Bister
出生名 エーロ・オラヴィ・ビステル
(Eero Olavi Bister)
生誕 (1919-11-15) 1919年11月15日
出身地  フィンランドヴィープリ州ヴァルクヤルヴィフィンランド語版
死没 (2003-05-11) 2003年5月11日(83歳没)
 フィンランド 南スオミ州キュメンラークソ県コウヴォラ
学歴 シベリウス音楽院
ジャンル クラシック音楽
職業 指揮者
ヴァイオリニスト
担当楽器 ヴァイオリン
活動期間 1947年
共同作業者 ヘルシンキ国立歌劇場
コウヴォラ市管弦楽団

エーロ・オラヴィ・ビステルEero Olavi Bister, 1919年11月15日[1] - 2003年5月11日[2])は、フィンランド出身の指揮者ヴァイオリニスト

ヴィープリ州ヴァルクヤルヴィフィンランド語版の生まれ。1933年から1939年までヴィープリ音楽学校でオンニ・スーホネンにヴァイオリンを学び、1944年から1948年までシベリウス音楽院に通って再びスーホネンの教えを受けた。またパリウィーンなどにも遊学している。1947年よりヘルシンキ国立歌劇場にヴァイオリン奏者として入団し、その翌年から1970年まで同歌劇場のコンサートマスターを務めた。またコンサートマスター在任中にユッシ・ヤラスウルフ・セーデルブルム等から指揮法の指導を受けた。1970年からコウヴォラ市管弦楽団の首席指揮者を務めたが、ソリストとしてもフィンランド各地のオーケストラに客演し、タンペレ音楽院や北キミ音楽学校などで教鞭をとった。

2003年にコウヴォラにて没した。

出典[編集]

  1. ^ Hillila, Ruth-Esther; Hong, Barbara Blanchard (1997-12-30). Historical Dictionary of the Music and Musicians of Finland. Greenwood. p. 31. ISBN 978-0313277283. 
  2. ^ Eero Olavi Bister