エーリヒ・バイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エーリヒ・バイ
Erich Bey
Bundesarchiv Bild 134-C1959, Erich Bey.jpg
渾名 アフメド・ベイ(バイをベイと読めば回教徒の有力者の称号になるため)
生誕 1898年3月23日
ドイツ帝国ハンブルク
死没 1943年12月26日(乗艦の沈没日、後戦死日と認定)
ノルウェー ノール岬沖
所属組織 ドイツ海軍
最終階級 少将
テンプレートを表示

エーリヒ・バイ: Erich Bey1898年3月23日 - 1943年12月26日)は、ドイツ海軍の軍人。第二次世界大戦における最後の戦艦同士の砲撃戦の指揮官。

軍歴[編集]

ハンブルク生まれ。1916年6月13日、海軍に入り水雷艇に配属された。その後大戦を生き抜きワイマール時代も海軍に勤務、中佐第二次世界大戦の勃発を迎える。1939年12月7日には駆逐隊指令として、ブリテン島沿岸に機雷敷設のため駆逐艦ハンス・ロディに乗艦し僚艦エーリヒ・ギーゼと出撃、さらに遭遇した英J級駆逐艦を大破させた。

1940年4月9日に開始された北欧侵攻にあたっては第4駆逐隊司令として参加、フリードリッヒ・ボンテ(Friedrich Bonte)代将の麾下としてナルヴィク占領の任を帯びたエデュアルト・ディートル将軍率いる山岳部隊を輸送した。4月10日13日に行われたナルヴィク湾内の海戦(第1次ナルヴィク海戦第2次ナルヴィク海戦)において戦艦ウォースパイトを含む優勢なイギリス海軍との間での不利な海戦の中、勇敢に駆逐艦隊を指揮したことにより勇名を挙げ、最終的に乗艦を沈められ敗北したにもかかわらず5月9日騎士鉄十字章を授与された。翌日、バイはボンテ(4月10日にナルヴィクで戦死していた)の後を受け継ぎ駆逐艦隊の総司令官に任命され、さらに大佐に昇進した。

その後、1942年2月ツェルベルス作戦では駆逐艦隊を率い、シャルンホルストグナイゼナウプリンツ・オイゲンからなる主力艦隊の護衛を行った。

1943年3月に少将に昇進。11月には病気療養に入ったオスカー・クメッツ上級大将に代わって、シャルンホルストを旗艦としたノルウェー方面の水上艦隊を指揮することになる。12月25日、バイはムルマンスクへ向かう連合軍のJW-55B船団を攻撃すべくシャルンホルストと駆逐艦Z29、Z30Z33、Z34、Z38からなる艦隊を率いてノルウェーのアルタフィヨルドから出撃した。途中駆逐艦を散開させたのち、シャルンホルスト単艦で索敵中、デューク・オブ・ヨークなど戦力に勝るイギリス艦隊に捕捉され海戦となった。この北岬沖海戦でシャルンホルストは撃沈され(乗組員1968名のうち、36名のみがイギリス海軍に救助され捕虜となった)、のちに戦死と認定された。 英駆逐艦スコーピオンは、「シャルンホルストの艦長と司令官バイが重傷を負って浮いているのを発見したが、救助するまもなく沈んだ」と報告している。

この時対戦したイギリス海軍のブルース・フレーザー大将はバイの優れた見識と勇敢さに感銘を受けていた。12月26日夕方、フレーザーはデューク・オブ・ヨークの中で将校たちに次のように訓示した。[1]

「紳士諸君、シャルンホルストとの戦いは我々の勝利に終わった。私は君たちの誰かが、戦力が倍以上ちがう相手と戦うことを要求された時、艦をシャルンホルストと同じぐらい立派に指揮することを望む。」[2]

脚注[編集]

  1. ^ Scharnhorst『The History』
  2. ^ Scharnhorst『The History』

参考文献[編集]