エーリッヒ・クンツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

エーリッヒ・クンツErich Kunz, 1909年5月20日 - 1995年9月8日)はウィーン生まれのオペラ歌手。喜劇的なバリトン役を得意とし、特にモーツァルトにかけては絶対不動の地位を占め続けた。ウィーン国立歌劇場には1940年から所属していたが、同劇場の戦後分だけで、フィガロ249回、パパゲーノ338回、レポレロ211回という、今日では近づくのも不可能な記録を打ち立てている[1]。演技にすぐれていたため、歌手として現役のうちから『こうもり』のフロッシュ、『ナクソス島のアリアドネ』執事長などの台詞役でも公演や録音に参加した。他に『こうもり』ではファルケやフランク、『コシ・ファン・トゥッテ』のグリエルモ、『ニュルンベルクのマイスタージンガー』のベックメッサーも得意とする。本来テノール役である『メリー・ウィドー』のダニロをバリトンで歌う(今日ではむしろそちらの方が多い)嚆矢でもあった。ドイツ学生歌やドイツ民謡の録音も多く残した。1959年ウィーン国立歌劇場員公演の際に来日した。

脚注[編集]

  1. ^ 野崎正俊「アマデウスの使徒たち」現代芸術社