エーバースドルフ・バイ・コーブルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
紋章 地図
(郡の位置)
DEU Ebersdorf bei Coburg COA.svg Lage des Landkreises Coburg in Deutschland.png
基本情報
州: バイエルン州
行政管区: オーバーフランケン行政管区
郡: コーブルク郡
緯度経度: 北緯50度13分 東経11度04分
標高: 海抜 325 m
面積: 26.5 km²
人口:

6,017人(2018年12月31日現在) [1]

人口密度: 227 人/km²
郵便番号: 96237
市外局番: 09562
ナンバープレート: CO
自治体コード: 09 4 73 121
行政庁舎の住所: Raiffeisenstr. 1
96237 Ebersdorf
ウェブサイト: www.ebersdorf.de
首長: ベルント・ライゼンヴェーバー (Bernd Reisenweber)
郡内の位置
Ebersdorf bei Coburg in CO.svg

エーバースドルフ・バイ・コーブルク (Ebersdorf bei Coburg) は、ドイツ バイエルン州 オーバーフランケン行政管区 コーブルク郡に属す町村(以下、本項では便宜上「町」と記述する)。

地理[編集]

エーバースドルフはイッツ川の支流であるフュルスバッハ川沿いに位置する。この自治体の南にはリヒテンフェルスの森が広がる。

隣接する市町村[編集]

北から時計回りに、レーデンタールゾンネフェルトヴァイトハウゼン・バイ・コーブルクリヒテンフェルスグルプ・アム・フォルストコーブルク

自治体の構成[編集]

この町は、公式には7つの地区 (Ort) からなる[2]。このうち小集落や孤立農場などを除く集落を以下に列記する。

  • エーバースドルフ・バイ・コーブルク
  • フリーゼンドルフ
  • フローンラッハ
  • グロースガルンシュタット
  • クラインガルンシュタット
  • オーバーフュルバッハ

歴史[編集]

エーバースドルフ・バイ・コーブルクの聖ラウレンティウス教会

エーバースドルフは、1200年頃に開墾入植地として、ゾンネベルク伯エーベルハルトによって開かれた。1260年にはこの地に女子修道院ができた。

はじめエーバースドルフは、桶作りの中心地として知られ、これが今日の家具産業へとつながっている。

1918年までは、ザクセン=コーブルク公国のアムト・ゾンネベルクの一員として存続したが、1920年コーブルク州とともにバイエルン州に帰属した。ただし、1705年から1826年までは、ザクセン=ヒルトブルクハウゼン公国に属した。

紋章[編集]

図柄:金地に、低い位置に描かれた山形図形の上に銀の牙、赤い舌を持つ黒いイノシシの胴体が描かれている(Eberは、ドイツ語で「イノシシ」の意)。上部の左右には紋章的にデザイン化された金の蘂と銀の萼を持つ赤いバラがある。

経済と社会基盤[編集]

エーバースドルフは、木製家具、布張りの家具、段ボール紙、機械製造および毛織物を主な製品とする工業地域である。

エーバースドルフは、コーブルクからクローナハへ向かう連邦道路B303沿いの町である。この他にレーデンタールへ向かう街道にもある。1858年からは鉄道も敷設された。まず、アイゼナハとリヒテンフェルスとを結ぶヴェラ鉄道が引かれた。これに続いて1901年にシュタイナハタール鉄道が、まずはヴァイトハウゼンまで、後にノイシュタットまで開通した。1946年になると、当時の国境地域となり、路線は中断してしまった。現在では、ゾンネベルク - レーデンタール - コーブルク - エーバースドルフ - リヒテンフェルスの路線で列車が運行している。

引用[編集]