エヴゲーニイ・オネーギン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
エヴゲーニイ・オネーギン
Евгений Онегин
Eugene Onegin book edition.jpg
著者 アレクサンドル・プーシキン
ジャンル verse novel
ロシア帝国の旗 ロシア帝国
言語 ロシア語
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

エヴゲーニイ・オネーギン』(ロシア語: Евгений Онегин)は1825年から1832年にかけて執筆されたアレクサンドル・プーシキン韻文小説である。


概要 [編集]

1820年冬から1825年[1]ロシア帝国が舞台である。

この小説は「ロシア生活の百科事典」と呼ばれる[2]。 サンクト・ペテルブルクの上流社会の夜会から、田園での田舎地主の生活、農奴の娘たちの歌、迷信や占いまで描かれている。 この作品がロシア語に果たした最大の功績は、平易な日常語で、高邁な思想から日常生活まで語ることが可能にする文体を作りだしたことである[3]

特徴 [編集]

本作では、作者プーシキンと思われる「ぼく」[4]あるいは「私」[5][6]が直接読者に語りかけながら物語を進める。時に自分の思い出に脱線し、登場人物についておしゃべりをし、同情を寄せ、非難をし、登場人物の詩の批評まで行う。

1820年ごろの上流階級の実在の人物が実名で登場するのも特徴である。第一章でオネーギンは第二のピョートル・チャーダーエフと呼ばれる。第七章では詩人ピョートル・ヴァーゼムスキイ公爵英語版がタチヤーナの気晴らしの話し相手を務めた。

あらすじ[編集]

主人公エヴゲーニイ・オネーギンはサンクト・ペテルブルク社交界で遊蕩生活を送っていた。だが無為に飽き、ふさぎの虫にとりつかれるようになる。

叔父の財産を相続した彼は、田舎の領地に隠棲することにした。そこでレンスキイという若い詩人と友人になる。オネーギンはレンスキイの誘いで、地元の地主貴族ラーリン家を訪れる。

ラーリン家の長女タチヤーナはオネーギンに恋をし、手紙を書くが手厳しく拒絶される。

その後オネーギンは気まぐれによってレンスキイを怒らせ、決闘し死に至らしめる。

およそ二年後のモスクワでオネーギンはタチヤーナと再会する。タチヤーナは公爵夫人として威厳のある貴婦人になっていた。オネーギンは彼女に対して、子供のように恋に落ちる。

作品自体について[編集]

プーシキン自身によるオネーギンの肖像

登場人物[編集]

エヴゲーニイ・オネーギン
主人公  サンクト・ペテルブルク出身の貴族。メインとなる村の場面では25歳くらい。父は破産し、叔父の領地を相続した。退屈したダンディ
タチヤーナ・ラーリナ
ラーリン家の長女。田舎の令嬢。村の場面では17歳。内気でひとりでいることを好む。フランス語の書物を愛し、小説の規範のなかで空想に溺れる少女。特に愛読するのはジャン=ジャック・ルソー新エロイーズ英語版』、サミュエル・リチャードソンによる『クラリッサ』『サー・チャールズ・グランディソン英語版』である。三作とも書簡体小説。のちに公爵夫人となる。
オリガ・ラーリナ
タチヤーナの妹。朗らかで単純な美しい少女。金髪で丸い顔をしている。レンスキイの死後、悲恋からすぐに立ち直り驃騎兵と結婚する。
ヴラヂーミル・レンスキイ
ラーリン家の隣家の主で、田舎暮らしのオネーギンの友人となる。18歳。ドイツ遊学から帰国。ロマン主義的な詩を書く純真な青年。黒い髪を長く伸ばしている。オリガと婚約中。オネーギンとの決闘に敗れて死亡。
ドミートリー・ラーリン
故人。ラーリン家の家長。タチヤーナ、オルガの父。昔気質の人物。
プラスコヴィーヤ・ラーリナ
タチヤーナとオルガの母。モスクワ出身。
フィリピェヴナ 
タチヤーナの老乳母
ザレツキイ
決闘好きの地主で、人を争わせるのを好む。レンスキイとオネーギンの決闘を主宰した。
N公爵こと将軍
タチヤーナの夫。高位の将軍でオネーギンの遠い親戚。
「ぼく」こと語り手
プーシキンと覚しき人物。オネーギンの友人であり、物語の中を自由自在に出入りする語り手でもある。

章ごとの内容[編集]

第一章

この物語は、プーシキンと思われる人物「ぼく」によって語られる。 「ぼく」は主人公たるオネーギンの友人であった。

オネーギンは18歳でサンクト・ペテルブルクでの上流社会の遊蕩児となり、恋愛の手練手管に長けていた。何年も無為な暮らしを続けた末、心は冷え『ふさぎの虫』に取り憑かれてしまう。

第二章

オネーギンは叔父の領地を受け継ぎ、田園に隠棲する。そこで、遊学先のプロイセンから帰郷したばかりのレンスキイという純情な詩人と知り合い、友人となる。

レンスキイは地元の貴族ラーリン家の姉妹のうち妹のオリガの婚約者であった。

オリガの姉タチヤーナは陰気で一人でいることを好む乙女である。フランスの小説に夢中になり、小説のヒロインに感情移入し、魅力的な小説の男性主人公たちに憧れている。

第三章

レンスキイに連れられてオネーギンがラーリン家に現れると、タチヤーナは今まで読んだ小説の男性主人公がオネーギン一人に収斂したように見える。

タチヤーナはオネーギンに恋をする。苦しみのあまり小説のヒロインのように、率直な恋情を綴った手紙をオネーギンに届けさせる。

だが、当時のロシア貴族社会では、婚前の令嬢が母親の許可もなく男性に手紙を書くのはとうてい許されない行為であった [7]

第四章

オネーギンはタチヤーナの手紙に心を動かされたが、むしろ年上の分別のある男性として誠実に応対する。

自分は結婚に向かず、タチヤーナを幸せにできないと語り、また、男性に手紙を書くといった世間知らずなことはやめるよう厳しく忠告をする。

第五章

降誕祭期間中、タチヤーナは恐ろしい夢を見る。雪に埋もれた森の中を、熊に担がれ、化物でいっぱいの小屋に連れて行かれた。彼らの主はオネーギンだ。オネーギンは怪物たちに対し、タチヤーナを「俺のものだ」と怒鳴る。

いっぽうレンスキイはオネーギンを、タチヤーナの名の日(ユリウス暦 1月13日)の祝いに無理に誘う。 オネーギンの予想通り、会は俗っぽい。レンスキイへの意趣返しに、オネーギンは舞踏にオリガを誘い散々戯れる。

第六章

レーピンの手による、オネーギンとレンスキー

嫉妬のあまりレンスキイはオネーギンに決闘を申し込む。決闘の介添人ザレツキイは悪質な人物で決闘を止める義務を怠り[8]、またオネーギンは世間体を気にしてしぶしぶ決闘に臨む。決闘はレンスキイの死で終わる。オネーギンは激しい衝撃を受ける。

第七章

間もなくオリガは別の男性と結婚し、ラーリン家を出て行く。オネーギンも領地を去った。

タチヤーナはオネーギンの留守宅に行き、彼の蔵書を読み浸る。タチヤーナは彼を理解し始め、「ぼく」はオネーギンの空虚さを激しく非難する。

第八章

約二年後、オネーギンは相変わらず無為に苦しんでいた。モスクワの社交界で公爵夫人となったタチヤーナと再会する。

タチヤーナはすっかり威厳ある貴婦人である。放蕩に飽きた二十六歳のオネーギンであったが、そのとき突然タチヤーナに対し、子供のような恋に落ちる。 彼はタチヤーナの出席する夜会にせっせと出かけ、思いの丈を綴った手紙を何通も書く。思い詰めるあまり、やつれていく。

あるとき、彼の手紙を読んで泣いているタチヤーナに会う。 タチヤーナはオネーギンを愛していると言いつつも、彼を拒み、去って行く。

構成 [編集]

八章から成る。断章『オネーギンの旅』は作品から省かれ、特別に出版された。

  • 第一章 舞台はサンクト・ペテルスブルク上流社会の刺激的な生活
  • 第二章から第七章の途中まで 舞台はオネーギンやレンスキイ、ラーリン家の領地のある田園地帯
  • 第七章後半 タチヤーナとラーリナ夫人のモスクワへの出立と生活
  • 第八章 約二年後、モスクワの社交界
  • 断章 オネーギンの旅 

小説内の時間では、第七章と第八章の間に当たる。オネーギンは一人でロシア国内を旅する。遍歴するのは以下の地である。モスクワからニジニ・ノヴゴロドアストラハンコーカサスクリミア。この章は、「ぼく」のオデッサでの歌で終わる。小澤政雄訳に収録されている。

韻文形式 [編集]

原著は韻文であり、四脚強弱格で書かれている。また14行でひとかたまりの脚韻パターンを持つ。

14行の1行目と3行目は韻を踏むようになっている。この韻を踏んだ行を a とする。また、2行目と4行目は a とは別パターンの脚韻を持つ。仮に b とする。

すると14行は abab/ccdd/effe/gg の形式を取っている。本作はこの14行がまとまって章を作っている。[9]

ウラジーミル・ナボコフによると、一連のうち初めと終わりの ababgg のところで詩的な魅力が発揮され、真ん中の ccdd/effe の部分で物語が進行する[10]。 この形式をオネーギン・スタンザという[11]

日本語訳では当然、この韻文の訳が困難である。池田健太郎訳は散文訳である[12]。 小澤政雄訳は7音節と5音節の組み合わせを元に、一行の詩句の音節数を14または12音節になるようにしている[13]

執筆状況 [編集]

リディア・ティモシェンコによる公爵夫人タチアナとオネーギン

執筆開始 プーシキンは、ツァールスコエ・セロー(現在のプーシキン (町))の貴族子弟専門学校であるリツェイ学習院卒業後、外務院の翻訳官に任命されていた。 1820年の政治詩『自由』などにより、南ロシアのベッサラビア(現在のモルドヴァ共和国)のキシニョフに追放される。 ベッサラビアにて、1823年5月9日(ユリウス暦)に『オネーギン』の執筆を始める。[14]

第一章、第二章脱稿 1823年、ヴォロンツォフ伯爵の配下となりオデッサに向かう。オデッサで本作第一章、第二章を脱稿。[15]

第三章脱稿 1824年、イナゴ災害調査を命じられて激怒、退職願を書く。外務院は免職。皇帝により、母方の領地プスコフ県ミハイロフスコエ村に蟄居させられる。10月『オネーギン』第三章を脱稿。[16]

検閲 1825年12月、皇帝ニコライ1世の即位と同時にデカブリストの乱が起きる。 乱に参加した青年将校たちには、プーシキンの友人が数多くいた。 ニコライ1世はデカブリストの乱や西ヨーロッパでの自由主義の氾濫に警戒し、皇帝直属の秘密警察皇帝官房第三部検閲法を作りあげた。[17]


第四章、第五章、第六章脱稿 1826年ミハイロフスコエ村にて第四章を脱稿。モスクワに呼び戻される。 同年、モスクワでニコライ一世に拝謁。ミハイロフスコエ村幽閉からは解放されるが、以後、作品は皇帝によって直接検閲されることとなる。11月、第五章を脱稿。新作を無許可で朗読することを禁止される。また、この年の後半にオネーギン第六章を脱稿。[18]

第七章脱稿 1828年物語詩『天使ガブリエルの歌』によって、ペテルブルクの軍事総督に尋問される。『オネーギン』第七章脱稿。[19]

第八章脱稿 1930年四月、ナターリア・ゴンチャロワ(旧姓)ことナターリア・プーシキナと結婚。秋、結婚祝いに父から譲り受けた領地ボルジノで過ごす。短編集ベールキン物語など多くの作品を仕上げた。この豊穣な時期はボルジノの秋と呼ばれる。これらと並行して『オネーギン』の第八章、『オネーギンの旅』が書かれた。 10月、『オネーギン』第十章の原稿を焼却する。[20]

反応・受容・影響[編集]

ロシア[編集]

刊行中[編集]

『オネーギン』の各章は、書き上がるたびに分冊で刊行された。読者はこれからどうなるか噂をし、新しい章を待った[21]。 また作家本人が知人の感想や雑誌での批評に対し、自注で答えることもしている。オネーギン自注(23)(24)(31)(32)(36)[22] 友人たちに『オネーギンはコーカサスで身を滅ぼすか、デカブリストの仲間に加わる』と発言していた。[23]

19世紀後半[編集]

ニコライ・ゴーゴリはプーシキンを「国民的詩人」と呼んだ。「ロシア精神の、並外れた、おそらく空前絶後の現象である」と評した。[24]

フョードル・ドストエフスキーは『オネーギン』に対して次のように言った。 『タチヤーナのオネーギンに対する勝利は、信仰と確信の喪失から生じる知的空虚さに対する、ロシア人の正義感の勝利の象徴だ』[25]

1880年にプーシキン記念祭が行われ、ドストエフスキーやツルゲーネフが講演をした。[26]

20世紀[編集]

1937年には、ソビエト連邦でプーシキン没後100年祭が行われた。[27] これはちょうどスターリンによる大粛正の時期であった。1936年から1938年までのあいだに政治的理由で逮捕された人は134万人あまり、うち約68万人が処刑された。[28] このような状況の中、プーシキンは多民族国家であるソビエト連邦をまとめるシンボルとして祭り上げられた。プーシキンの基本テキストとなるアカデミー版大全集の発行がはじまる。[29]


1999年6月6日(ユリウス暦 5月26日)、プーシキンの生誕200年祭が開催される。 様々なイベントが行われ、広場が群衆で埋め尽くされた。新しい全集版も発行され、研究書も多数上梓される。[30]


翻訳[編集]

日本語訳[編集]

英訳[編集]

ウラジミール・ナボコフが15年をかけて英訳し、1964年にボーリンゲン財団から出版した。膨大な注釈付きで1200ページを超える大作となった[33]

派生作品[編集]

オペラ [編集]

バレエ [編集]

映画[編集]

絵画 [編集]

挿画、イラストレーション[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

参考文献 [編集]

 〈中公新書〉、2014年ISBN 978-4-12-102274-5 

関連項目[編集]