エヴァン・タナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エヴァン・ターナーから転送)
移動先: 案内検索
エヴァン・タナー
基本情報
本名 エヴァン・ロイド・タナー
(Evan Lloyd Tanner)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 (1971-02-11) 1971年2月11日
出身地 テキサス州アマリロ
命日 (2008-09-08) 2008年9月8日(37歳没)
所属 U.S.A.スターズ
チーム・クエスト
シュートボクセ・アカデミーUSA
身長 183cm
体重 84kg
リーチ 188cm
階級 ライトヘビー級
ミドル級
バックボーン レスリング
テンプレートを表示

エヴァン・タナーEvan Tanner1971年2月11日 - 2008年9月8日)は、アメリカ合衆国男性総合格闘家テキサス州アマリロ出身。シュートボクセ・アカデミーUSA所属。元UFC世界ミドル級王者。

格闘技に関しては天性の才能を発揮し、ムエタイブラジリアン柔術をビデオを見ただけで習得したという[1]2008年9月にキャンプ先のサンディエゴ近郊で死亡した。

来歴[編集]

高校時代にグレコローマンレスリングのテキサス州王者に2度なった。

1997年4月2日、掌底・ロープエスケープ有りのUSWFのヘビー級トーナメントで総合格闘技デビューを果たした[2]。10月18日にはヒース・ヒーリングを破ってUSWF世界ヘビー級王座を獲得。以降2000年にかけて7度の防衛を果たした。

1998年7月、パンクラスのネオブラッド・トーナメントで初来日。美濃輪育久、窪田幸生、ジャスティン・マッコーリーを破り、外国人として初めての優勝を果たした。

2000年6月、USWFの代表に就任した[3]

2001年2月23日、UFC 30ティト・オーティズの持つUFC世界ミドル級(現ライトヘビー級)王座に挑戦し、開始早々にティトのボディスラムで失神KO負けを喫し王座獲得に失敗した。

2003年11月21日、UFC 45フィル・バローニと対戦。1R4分過ぎ、タナーのパウンドでバローニがギブアップと言ったと聞こえレフェリーは試合を止めた。しかしバローニはレフェリーの勘違いだと抗議し、UFC 48で再戦の運びとなった。2戦目はタナーがボクシングで主導権を握り、判定勝利を収めた。

2005年2月5日、UFC 51のUFC世界ミドル級王座決定戦でデビッド・テレルと対戦し、パウンドでTKO勝ちを収め王座獲得に成功した。

2005年6月4日、初防衛戦となったUFC 53リッチ・フランクリンと再戦し、ドクターストップでTKO負けを喫し王座陥落した。10月3日のUltimate Fight Night 2でもデビッド・ロワゾーに敗れ、生涯初の連敗を喫した。

2006年4月15日、UFC 59ジャスティン・レヴェンスと対戦し、三角絞めで一本勝ち。

2008年3月1日、約2年ぶりの復帰戦となったUFC 82岡見勇信と対戦し、首相撲からの膝蹴りでKO負けを喫した。最後の試合となった6月21日のThe Ultimate Fighter: Team Rampage vs. Team Forrest Finaleでのケンドール・グローブ戦では1-2の判定負けを喫した。

2008年9月8日サンディエゴ近郊のパロ・ヴェルデ山中で遺体となって発見された。タナーは9月3日に「身を清めるために[4]」1人でキャンプに出発したが、2日後の9月5日に友人に水とガソリンが切れた旨をメールしたのを最後に消息が途絶えていた[5]。当初は自殺と報じられたが[6]、タナーのマネージャーは否定しており[5]、その意志があったかどうかは定かではない。直接の死因は熱中症であり、遺体発見場所は日中温度が50℃に達する場所であった。

人物・エピソード[編集]

無類の冒険好きとして知られ、本人のブログには度々キャンプに行く姿が書き込まれていた。ガイ・メッツァーはパンクラス時代に散歩につき合わされ、新横浜駅の界隈を英語の標識も無いのに何時間も一緒に歩かされたと述懐している[7]。またタナーはアルコール使用障害であり、何度も身を持ち崩した。幾度かの長期休養もそれが原因である。しかし2008年のUFC復帰に際しては禁酒を徹底し、禁断症状に苦しみながらもトレーニングに集中していた。死の原因となった最後のキャンプはこの症状を抑えるための儀式だったとマネージャーは語っている[8]

戦績[編集]

総合格闘技 戦績
40 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
32 8 21 3 2 0 0
8 6 1 1 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× ケンドール・グローブ 5分3R終了 判定1-2 The Ultimate Fighter: Team Rampage vs. Team Forrest Finale 2008年6月21日
× 岡見勇信 2R 3:00 KO(膝蹴り) UFC 82: Pride of a Champion 2008年3月1日
ジャスティン・レヴェンス 1R 3:14 三角絞め UFC 59: Reality Check 2006年4月15日
× デビッド・ロワゾー 2R 4:15 TKO(カット) Ultimate Fight Night 2 2005年10月3日
× リッチ・フランクリン 4R 3:25 TKO(ドクターストップ) UFC 53: Heavy Hitters
【UFC世界ミドル級タイトルマッチ】
2005年6月4日
デビッド・テレル 1R 4:35 TKO(パウンド) UFC 51: Super Saturday
【UFC世界ミドル級王座決定戦】
2005年2月5日
ロビー・ローラー 1R 2:22 三角絞め UFC 50: The War of '04 2004年10月22日
フィル・バローニ 5分3R終了 判定3-0 UFC 48: Payback 2004年6月19日
フィル・バローニ 1R 4:42 TKO(マウントパンチ) UFC 45: Revolution 2003年11月21日
× リッチ・フランクリン 1R 2:40 TKO(スタンドパンチ連打) UFC 42: Sudden Impact 2003年4月25日
シャノン・"ザ・キャノン"・リッチ 1R 三角絞め Full Contact Fighting Federation: Fighting Against Cancer 2003年2月15日
クリストファー・ヘイズマン 5分3R終了 判定3-0 UFC 38: Brawl at the Hall 2002年7月13日
エルヴィス・シノシック 1R 2:06 TKO(カット) UFC 36: Worlds Collide 2002年3月22日
ホーマー・ムーア 2R 0:55 腕ひしぎ十字固め UFC 34: High Voltage 2001年11月2日
× ティト・オーティズ 1R 0:32 KO(バスター) UFC 30: Battle on the Boardwalk
【UFC世界ミドル級タイトルマッチ】
2001年2月23日
ランス・ギブソン 1R 4:48 TKO(マウントパンチ) UFC 29: Defense of the Belts 2000年12月16日
トラビス・フルトン 1R 4:31 三角絞め Unified Shoot Wrestling Federation 18
【USWF世界ヘビー級タイトルマッチ】
2000年11月25日
ラウル・ロメロ 1R 6:59 TKO(パンチ連打) Unified Shoot Wrestling Federation 17
【USWF世界ヘビー級タイトルマッチ】
2000年7月17日
ヴィニー・ニクソン 1R 1:07 V1アームロック Unified Shoot Wrestling Federation 14
【USWF世界ヘビー級タイトルマッチ】
1999年4月24日
× リオン・ダイク 1R 11:39 TKO(膝蹴り) PANCRASE 1999 BREAKTHROUGH TOUR 1999年4月18日
マイク・シゼック 1R 2:06 ギブアップ(パンチ連打) Unified Shoot Wrestling Federation 13
【USWF世界ヘビー級タイトルマッチ】
1999年3月20日
ヴァレリ・イグナトフ 1R 2:58 TKO(グラウンドの肘打ち) UFC 19: Ultimate Young Guns 1999年3月5日
ダレル・ゴーラー 1R 7:57 チョークスリーパー UFC 18: Road to the Heavyweight Title 1999年1月8日
柳澤龍志 1R 2:24 肩固め PANCRASE 1998 ADVANCE TOUR 1998年12月19日
ジーン・リディック 1R 4:15 チョークスリーパー Unified Shoot Wrestling Federation 12
【USWF世界ヘビー級タイトルマッチ】
1998年10月24日
國奥麒樹真 20分1R終了 判定2-0 PANCRASE 1998 ADVANCE TOUR 1998年9月14日
ジャスティン・マッコーリー 1R 5:07 チキンウィングアームロック PANCRASE 1998 ADVANCE TOUR
【ネオブラッド・トーナメント 決勝】
1998年7月26日
窪田幸生 1R 2:23 肩固め PANCRASE 1998 ADVANCE TOUR
【ネオブラッド・トーナメント 準決勝】
1998年7月7日
美濃輪育久 1R 4:05 肩固め PANCRASE 1998 ADVANCE TOUR
【ネオブラッド・トーナメント 1回戦】
1998年7月7日
トニー・カスティーリョ 1R 4:06 TKO(膝蹴り) Unified Shoot Wrestling Federation 9
【USWF世界ヘビー級タイトルマッチ】
1998年6月20日
デニス・リード 1R 1:20 三角絞め Gladiators 2 1998年4月18日
ウェイド・クローゼ 1R 1:00 KO(膝蹴り) Gladiators 2 1998年4月18日
ラスティ・トッティ 1R 1:36 肩固め Unified Shoot Wrestling Federation 8
【USWF世界ヘビー級タイトルマッチ】
1998年3月28日
× ヒース・ヒーリング 1R 8:20 チョークスリーパー PSDA 1997年11月22日
ジョー・フレイリー 1R 0:56 TKO(パンチ連打) PSDA 1997年11月22日
ジェシー・ゴンザレス 1R 1:15 チョークスリーパー PSDA 1997年11月22日
ヒース・ヒーリング 1R 6:19 ギブアップ(疲労) Unified Shoot Wrestling Federation 7
【USWF世界ヘビー級王座決定戦】
1997年10月18日
ポール・ブエンテロ 1R 2:20 チョークスリーパー Unified Shoot Wrestling Federation 4
【ヘビー級トーナメント 決勝】
1997年4月2日
ゲーリー・ネイバーズ 1R 2:21 V1アームロック Unified Shoot Wrestling Federation 4
【ヘビー級トーナメント 準決勝】
1997年4月2日
マイク・ケネディ 1R 1:29 ギブアップ(掌打) Unified Shoot Wrestling Federation 4
【ヘビー級トーナメント 1回戦】
1997年4月2日

獲得タイトル[編集]

出演[編集]

  • Once I Was a Champion (2011)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

空位
前タイトル保持者
ムリーロ・ブスタマンチ
第3代UFC世界ミドル級王者

2005年2月5日 - 2005年6月4日

次王者
リッチ・フランクリン