エヴァンジェリン・アダムズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Evangeline Adams

エヴァンジェリン・スミス・アダムズ(Evangeline Smith Adams、1868年2月8日1933年11月10日[1]ないし12日)は、19世紀末から20世紀初頭にかけてニューヨークを拠点に活動したアメリカ合衆国占星術師。彼女は、占星術のコンサルタント業を成功させ、法廷において占星術師としての業務の正当性を認めさせることに成功して広く知られた存在となり、『Astrology: Your Place in the Sun』(1927年)、『Astrology: Your Place Among the Stars』(1930年)など占星術についての多数の本を出し、自伝『The Bowl of Heaven』(1926年)も書いた。占星術についての彼女の本の中には、アレイスター・クロウリーゴーストライターを務めたものもあったが、その一方ではクロウリーの占星術についての著作『The General Practice of Astrology』にアダムズからの貢献への謝辞が述べられている。彼女は、「アメリカ初の占星術のスーパースター (America's first astrological superstar) と評されている[2]

経歴[編集]

アダムズは、1868年2月8日に、ニュージャージー州ジャージーシティ[3]保守的な家庭に生まれた。本人は、父方の先祖は第6代大統領ジョン・クィンシー・アダムズであると称していた[1]。父親は彼女が15か月の時に死去した。アダムズは、フルタイムの占星術師として働くようになる前、おそらく彼女の雇い主だったと考えられている「ミスター・ロード (Mr. Lord)」という人物と婚約していた。彼女によれば、最初は彼を愛していたが、その後、彼に対する感情はすべて消えてしまい、婚約は破棄されたという。

後には、ジョージ・E・ジョーダン・ジュニア夫人 (Mrs. George E. Jordon, Jr.) とも名乗った[1]

アダムズが、教育者ジャーナリスト劇作家サフラジェット女性参政権運動家)として知られたエマ・ヴィオラ・シェリダン・フライの「コンパニオン (companion)」だったのは[4]、晩年の1920年代後半から1930年代はじめである。1929年株価大暴落の直前の時期には、アダムズの出していた占星術のニューズレターの何千人もの定期國読者が、彼女の助言に基づいて株式を売買していた[5] Evangeline Adams died in 1932[3]

アダムズの顧客には、有名人も多く、ジョン・モルガンメアリー・ピックフォード、オペラ歌手のエンリコ・カルーソーや、イギリス王エドワード7世もニューヨークの彼女のもとを訪れたとされる[1]

占星術師業と論争[編集]

アダムズが書籍の出版に取り組み、一般的なメディアに露出するようになっていったのは、彼女の占星術師としての職歴の最後に近い時期である。彼女はその経歴の大部分を、直接の面談や、郵便のやりとりによるコンサルティングに基づく占星術師としての業務を成功させた。成功によって、彼女は何人もの助手や、速記者たちを雇うまでになっていた。長年にわたって、アダムズはクロウリーゴーストライターとして雇っていた。両者の仕事上の関係は、最後には辛辣な対立を孕むものになってゆき、クロウリーの著作『General Principles of Astrology』をめぐって、「本当は誰がどの記述を書いたか (who really wrote what)」をめぐる著作権の争いに発展した。この件は、本の著作権はクロウリーのものだが、アダムズの貢献を認めるという形で決着した。

アダムズは、運勢判断英語版をおこなったことを理由に、ニューヨークで逮捕されたことが3回、1911年1914年[3]1923年にそれぞれあった。当時は、占星術を事業としておこなう事は合法ではないとされていたが、彼女に対して申し立てられた訴えは、いずれも退けられ、特に1914年5月の法廷では、アダムズが裁判官の息子の性格について、誕生日の情報だけから、占星術に基づいて読み通し、裁判官は「すべての悪事について (of all wrong doing)」無罪と判断し、彼女の技能を称賛したことが広く知れ渡った。

アダムズは、顧客たちから、彼女の予言に対して相当高額の報酬を受け取っていた。彼女は、株式市場の動向について予言を的中させると言われていた。しかし、著作家キャロル・クリスマン (Carol Krismann) は。次のように記している。

懐疑的な人々は、アダムズには経済に関する知識はなく、彼女の予言は常に曖昧なもので、災難が起こると言いながら具体的な内容は述べていなかったし、実際にこの国が驚異的な株式市場の成長を遂げていた時代に、市場が株価上昇に向かうと予言しただけだったと指摘している。彼女を信じた人々は、しばしば誤った予言のことを忘れており、実際に起こった出来事だけを捉えて、彼女が正確であることの「証明 (prove)」だとしていた[6]

最も広く知られた、アダムズの外れた予言は、1929年の暴落の数週間前に出した「株式は天にまで登る (stocks might climb to heaven)」である。証券アナリストケネス・フィッシャー英語版は、彼女の予言のうち少数の的中したものはうまく宣伝されたが、外したものは、信じられるものを求めていた人々から無視された、と述べている。彼は、アダムズについて、「明らかな偽物で、本当の投資に関する知識もなかった (obvious quack with no real investment knowledge)」と断じている[7]

的中させたとされるおもな予言[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g Adams, Evangeline Smith (Mrs. George E. Jordon, Jr.) (1859-1933)”. Encyclopedia.com (2020-01-24-). 2020年2月13日閲覧。 - 信頼できる第三者言及であるが、その記述の典拠はもっぱら本人の著作であり、内容は自称と見るべきである。
  2. ^ Bromley, David G. The Future of New Religious Movements, p.50. Mercer University Press, 1987. 9780865542389.
  3. ^ a b c Pelham, Libby (2016年6月16日). “The Biography of Evangeline Adams”. 2016年7月19日閲覧。
  4. ^ Ohles, Frederik, Shirley M. Ohles, and John G. Ramsay. 1997. Biographical Dictionary of American Educators. Westport, CT: Greenwood Press. pp. 119–120. Leonard, John William, Editor-in-Chief. 1914. Woman's Who's Who of America: A biographical dictionary of contemporary women of the United States and Canada, 1914–1915. New York: The American Commonwealth Company. p. 311.
  5. ^ The Crash of 1929, PBS American Experience
  6. ^ Krismann, Carol. Encyclopedia of American Women in Business: A-L. GreenWood Press, 2005. p. 7. 0-313-32757-2
  7. ^ Fisher, Kenneth. 100 Minds That Made the Market. Wiley, 2007. p. 265. 978-0-470-13951-6

参考文献[編集]

外部リンク[編集]