エンリル・バーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エンリル・バーニ
Enlil-bāni
イシン
Foundation Cone of Enlil-Bani..JPG
エンリル・バーニのファンデーション円錐
在位 紀元前1798年 - 紀元前1775年

王朝 イシン第1王朝
テンプレートを表示

エンリル・バーニ[nb 1]Enlil-bāni)は、古代メソポタミアの都市国家・イシン第1王朝の王。

在位期間は低年代説英語版によると紀元前1798年から紀元前1775年、中年代説によると紀元前1860年から紀元前1837年。ウル・イシン王名表によると24年を治めた[i 1]。エンリル・バーニの出世は伝説的な、おそらくアポクリフ的な方法で最もよく知られている。

略歴[編集]

イクアンピィー・イシュタール[nb 2]は、年代記の変形した2つの写しによると、イルラ・イミッティとエンリル・バーニの治世の間に、6ヶ月か1年の間、支配したと記録されている[1]。エンリル・バーニの出自をさらに明らかにする可能性のあるもう一つの年代記は[i 2]、損傷が酷く翻訳が不可能である。長い碑文には次のように書かれている。

ニップルでは正義を確立し推進した。私は羊のように彼らに栄養を求め、新鮮な草を食べさせた。私は彼らの首から重いくびきを取り除き、しっかりとした場所に落ち着かせた。ニップルに正義を確立して彼らの心を満足させた後、イシンに正義と義を確立して、その地の心を満足させた。五分の一だった麦の税を十分の一に減らした。muškēnum[nb 3]が仕えたのは月に4日だけであった。宮殿の家畜が「シャマシュよ」と叫んでいた人々の畑に草を食んでいたので、私は宮殿の家畜を耕した畑から追い出し、「シャマシュよ」と叫んでいた人々を追放した。[2]
Enlil-bāni Inscription、CBS 13909[i 3]

ニップルの支配権はイシンとラルサの間で何度か行き来していた。ウルクもまた、エンリル・バーニの治世の間に離反し、彼の権力が崩壊していく中で、エンリル・バーニは『初期王記』[i 4]を修正して、平凡な簒奪行為というよりも、即位についての伝説的な物語を記したのかもしれない[1]。それによると、イルラ・イミッティは庭師のエンリル・バーニを選び、彼を即位させ、王室のティアラを彼の頭につけた。イルラ・イミッティは熱い粥を食べている間に死亡し、エンリル・バーニが王座を辞めることを拒否したために王となった[3]とある。

アッシュールバニパルの図書館からの医学書「人の脳に火があるとき[nb 4]」のコロフォン[i 5]にはこう書かれている。「証明され、テストされた軟膏や湿布、使用に適している。Šuruppakからの洪水の前からの古い賢者によると[nb 5]、Enlil-muballiṭ、ニップルの賢者(apkallu)は、エンリル・バーニの2年目に(後世に)残した[4][5][6]。」

エンリル・バーニは「老朽化したイシンの壁を新たに建てる」必要があることに気付き[i 6]、記念円錐に記録した。エンリル・バーニはこの壁を「Enlil-bāni-išdam-kīn」(「エンリル・バーニは基礎が固い」)と名付けた[i 7]。実際には、主要都市の城壁は継続的に修理されていたと思われる。エンリル・バーニは天才的な建築家で、「犬の家」(é-ur-gi7-ra)[i 8]、ニニシナの神殿、宮殿[i 9]、また、「リラックスの家」(é-ní-dúb-bu)と呼ばれるニンティヌガー英語版女神のための建築、「死者を蘇らせる女性[i 10]」(é-dim-gal-an-na)と呼ばれる天の大マスト[i 11]。最後に、Ninibgalのための「lady with patient mercy who loves ex-votos, who heeds prayers and entreaties, his shining mother」(é-ki-ág-gá-ni)[i 12][7]を作った。

2体の巨大な銅像は、117年前にイッディン・ダガンが作ったが納められなかったニンガルに捧げるためにニップルに運ばれた。そのため、女神ニンリルエンリル神にエンリル・バーニの寿命を延ばしてもらったという[i 13][8]

エンリル・バーニに宛てた賛美歌は、おそらく2つある。

脚注[編集]

  1. ^ Ur-Isin kinglist line 15.
  2. ^ The Babylonian chronicle fragment 1 B ii 1-8.
  3. ^ CBS 13909 in the University Museum, Philadelphia.
  4. ^ Chronicle of early kings A 31-36, B 1-7.
  5. ^ Tablet K.4023 column iv lines 21 to 25.
  6. ^ Cones IM 77922, CBS 16200, and 8 others.
  7. ^ Two cones, IM 10789 and UCLM 94791.
  8. ^ Cone 74.4.9.249 and another in a private collection in Wiesbaden.
  9. ^ Clay impression, IM 25874.
  10. ^ Cone in Chicago A 7555.
  11. ^ IM 79940.
  12. ^ NBC 8955 and A 7461 inscription on two cones.
  13. ^ Tablet UM L-29-578.

注釈[編集]

  1. ^ Inscribed dEn-líl-dù or dEn-líl-ba-ni.
  2. ^ I-k[u-un]-pi-Iš8-tár.
  3. ^ muškēnumは市民と奴隷の間の階級であった
  4. ^ Enuma amelu muḫḫu-šu išata u-kal.
  5. ^ (21) [na]p-šá-la-tú tak-ṣi-ra-nu lat-ku-tu4 ba-ru-ti šá ana [Š]u šu-ṣú-ú (22) šá KA NUN.ME.MEŠ-e la-bi-ru-ti šá la-am A.MÁ.URU5(abūbi) (23) šá ana LAMXKURki(šuruppak) MU.2.KÁM IdEN.LĺL-ba-ni LUGAL uruÌ.ŠI.INki (24) IdEN.LĺL-mu-bal-liṭ NUN.ME NIBRUki [ez]-bu.

出典[編集]

  1. ^ a b ジャン・ジャック・グラスナー英語版 (2005). Mesopotamian Chronicles. SBL. pp. 107–108, 154  Glassner’s manuscript’s C and D.
  2. ^ J. N. Postgate (1994). Early Mesopotamia: society and economy at the dawn of history. Routledge. p. 239. https://archive.org/details/earlymesopotamia00post 
  3. ^ シモ・パルポラ英語版 (2009). Letters from Assyrian Scholars to the Kings Esarhaddon and Assurbanipal: Commentary and Appendix No. 2. Eisenbrauns. p. XXVI 
  4. ^ Alan Lenzi (2008). “The Uruk List of Kings and Sages and Late Mesopotamian Scholarship”. Journal of Ancient Near Eastern Religions 8 (2): 150. doi:10.1163/156921208786611764. 
  5. ^ William W Hallo (2009). The World's Oldest Literature: Studies in Sumerian Belles Lettres. Brill. p. 703 
  6. ^ R. Campbell Thompson (1923). Assyrian medical texts from the originals in the British Museum. Oxford University Press. pp. iii, 104–105  for line art.
  7. ^ A. Livingstone (1988). “The Isin "Dog House" Revisited”. Journal of Cuneiform Studies 40 (1): 54–60. doi:10.2307/1359707. 
  8. ^ Douglas Frayne (1990). Old Babylonian period (2003-1595 BC): Early Periods, Volume 4 (RIM The Royal Inscriptions of Mesopotamia). University of Toronto Press. pp. 77–90