エンマ・フォン・アンハルト=ベルンブルク=シャウムブルク=ホイム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エンマ・フォン・アンハルト=ベルンブルク=シャウムブルク=ホイム
Emma von Anhalt-Bernburg-Schaumburg-Hoym
ヴァルデック=ピルモント侯妃
Emma von Anhalt-Bernburg-Schaumburg-Hoym.jpg
在位 1823年 - 1845年

出生 (1802-05-20) 1802年5月20日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
アンハルト=ベルンブルク=シャウムブルク=ホイム侯領、シャウムブルク城
死去 (1858-08-01) 1858年8月1日(56歳没)
Flag of Germany (3-2 aspect ratio).svg ヴァルデック侯国ピルモント
配偶者 ヴァルデック=ピルモント侯ゲオルク2世
子女 アウグステ
ヨーゼフ
ヘルミーネ
ゲオルク・ヴィクトル
ヴォルラート
家名 アンハルト=ベルンブルク=シャウムブルク=ホイム家
父親 アンハルト=ベルンブルク=シャウムブルク=ホイム侯ヴィクトル2世
母親 アマーリエ・フォン・ナッサウ=ヴァイルブルク
テンプレートを表示

エンマ・フォン・アンハルト=ベルンブルク=シャウムブルク=ホイムEmma von Anhalt-Bernburg-Schaumburg-Hoym, 1802年5月20日 - 1858年8月1日)は、ヴァルデック=ピルモント侯ゲオルク2世の妃。

生涯[編集]

エンマはアンハルト=ベルンブルク=シャウムブルク=ホイム侯ヴィクトル2世とその妃でナッサウ=ヴァイルブルク侯カール・クリスティアンの娘であるアマーリエの間に生まれた。四人姉妹の三女で、姉妹たちと一緒にアンハルト地方のホイムの宮廷で恵まれた少女時代を送った。

1812年に父と大叔父のフリードリヒが相次いで死んでアンハルト=ベルンブルク=シャウムブルク=ホイム侯家の男系が絶えた際、四姉妹は侯領の一部ホルツァッペル伯爵領とシャウムブルクを相続した。しかしこの女子相続の不法性を巡って1828年に本家アンハルト=ベルンブルク家との間で争われた裁判では、姉妹たちに不利な判決が出ている。

エンマは1823年6月26日、ヴァルデック侯ゲオルク2世と結婚した。1845年に夫が死ぬと、エンマはその遺言により、未成年の後継ぎ息子に代わって国務を遂行すべくヴァルデック侯国の摂政に就任した。エンマは同国の最高権力者として、ヴァルデックの軍隊を同盟軍としてプロイセン軍に派遣参加させることを決め、プロイセンへの従属度を非常に深めた。1848年革命が勃発した際に新しく招集されたヴァルデックの領邦議会の全会一致の決議により、エンマは侯国摂政としての権力を失った。

エンマの摂政時代は、ヴァルデック侯国にとってその国家形態が完全に作り変えられた最も重要な時代だったとされている。

子女[編集]

夫ゲオルク2世との間に三男二女をもうけた。

  • アウグステ(1824年 - 1893年)
  • ヨーゼフ(1825年 - 1829年)
  • ヘルミーネ(1827年 - 1910年) - 1844年、シャウムブルク=リッペ侯アドルフ1世と結婚
  • ゲオルク・ヴィクトル(1831年 - 1893年) - ヴァルデック=ピルモント侯
  • ヴォルラート(1833年 - 1867年)

参考文献[編集]

  • Das Fürstenthum Waldeck-Pyrmont seit 1848. In: Unsere Zeit. F. A. Brockhaus, Leipzig 1862, S. 681 ff. (Digitalisat)
  • A. Rauch, Parlamentarisches Taschenbuch enthaltend die Verfassung ..., Erlangen, 1849

外部リンク[編集]