エンド・オブ・ハイスクール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エンド・オブ・ハイスクール
Dude
監督 オリヴィア・ミルチ
脚本 オリヴィア・ミルチ
原案 オリヴィア・ミルチ
ケンドール・マッキノン
製作 アンドリュー・ダンカン
アレックス・サックス
ヘザー・レイ
製作総指揮 ジミー・ミラー
マーク・G・マティス
ポール・バーノン
サム・スレイター
出演者 ルーシー・ヘイル
キャスリン・プレスコット
アレクサンドラ・シップ
オークワフィナ
音楽 マーク・バトソン
撮影 ヒラリー・スペラ
編集 アネット・デイヴィー
製作会社 ジューン・ピクチャーズ
ラディカルメディア
パニー・ヴォイス
モザイク・メディア・グループ
配給 世界の旗Netflix
公開 世界の旗2018年4月20日
上映時間 97分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

エンド・オブ・ハイスクール』(原題:Dude)は2018年に配信されたアメリカ合衆国青春映画である。監督はオリヴィア・ミルチ、主演はルーシー・ヘイルが務めた。本作はミルチの映画監督デビュー作である。

概略[編集]

リリー、クロエ、アメリア、レベッカの4人は親友同士で、パーティーやマリファナに明け暮れる日々を送っていた。楽しかった高校生活も残り2週間となり、4人は卒業後の進路や大切な人の死、誰と一緒にプロムに出席するかという問題に直面することになった。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

日本語版スタッフ:ディレクター:ウルフラム、翻訳:大西祐子、録音:横矢重治/清水裕貴、調整:横矢重治、スタジオ:JVCケンウッド・ビデオテック/Studio Shamanika

製作[編集]

オリヴィア・ミルチが執筆した本作の脚本は2013年ブラックリスト入りを果たしていた[2]2015年11月2日、本作の映画化に際し、ミルチ自身が監督を務めることになり、ルーシー・ヘイルが主演に起用されたとの報道があった[3]。19日、キャスリン・プレスコット、オークワフィナ、アレクサンドラ・シップ、アレックス・ウルフがキャスト入りしたと報じられた[4][5]。20日、ローネン・ルービンシュタインが本作に出演することになったと報じられた[6]。24日、サティヤ・バーバーの出演が決まった[7]。30日、本作の主要撮影ロサンゼルスで始まった[8]。12月、ジェリー・マッキノンとオースティン・エイブラムズの起用が発表された[9]

2017年5月、Netflixが本作の全世界配信権を獲得したと報じられた[10]

出典[編集]

外部リンク[編集]