エンドレス・アドバンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
株式会社エンドレスアドバンス
Endless Advance Co., Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
385-0013
長野県佐久市横和1012-1
設立 1990年4月2日[1]
業種 輸送用機器
法人番号 5100001007797
事業内容 ブレーキ部品の販売
代表者 花里功(代表取締役社長
資本金 1,000万円
売上高 15億円(2003年度実績)
従業員数 15名(2004年12月現在)
外部リンク www.endless-sport.co.jp
テンプレートを表示

株式会社エンドレスアドバンスEndless Advance Co., Ltd. )は、長野県佐久市に本社を置く自動車チューニングパーツメーカー。

概要[編集]

チューニングカーブレーキ部品製造販売で国内最大手である。

1986年よりブレーキパッドの開発に着手し、製造を開始する。1987年に株式会社エンドレスプロジェクト設立。設立直後には国内レースにおいてブレーキパッドのシェア70%を獲得。1988年に営業部門を担当する株式会社エンドレスアドバンスを設立(プロジェクトは開発・製造を担当)[2]

1994年、ZEALブランドが設立され[3]サスペンションマフラーの製造も行われる。

かつてはエンドレスネット(ENDLESS-NET)と言う名称で、ISP事業も行っていたが、現在はルミーズ株式会社が運営を行っている。

モータースポーツ活動[編集]

2012年のSUPER GT GT300クラスで優勝したチーム・タイサン・エンドレスのポルシェ911 GT3 R
(2013年の東京オートサロンにて)

1988年に株式会社エンドレススポーツを設立し自社チームを発足。自社メンテによりミラージュカップ参戦、91年シリーズチャンピオン。1992年シビックインターカップ参戦、東日本シリーズチャンピオン。(タイトルはどちらも木下みつひろ

2008年はスーパー耐久SUPER GTENDLESS ADVANの名で日産・フェアレディZで参戦[4][5]。マシンメンテナンスはRS中春に委託された。

2012年にはタイサンを支援してTEAM TAISAN ENDLESSとしてポルシェで参戦、峰尾恭輔/横溝直輝がGT300クラスのシリーズチャンピオンに輝いた。また同年スーパー耐久のST-1クラスでもチャンピオンとなっている。2016年はスーパー耐久のST-4クラスにて、トヨタ・86を運用してチャンピオンになった。

その他PWRCに出場している新井敏弘パイクスピーク・ヒルクライムに出場する増岡浩にブレーキの供給をしていた他、WTCC全日本ロードレース選手権全日本ラリー選手権WRC、グランダム・シリーズ、ニュルブルクリンク24時間ダカール・ラリーF1B・A・RホンダF1ブラウンGP)など、世界中カテゴリの大小問わず幅広く部品を供給してきた。

エンドレス・レディ[編集]

エンドレス・レディと称するレースクイーン集団が所属しており、毎年一定数を募集している。レース雑務の他にテレビ・雑誌などの媒体への出演などを目的としている[6][7]

他チームに比べてメンバーが多く、年によっては10人を超えることがあり、2005年度は13人を擁していた。また人気のあるメンバーは複数年在籍することがある。

主なエンドレス・レディ経験者

(順不同、☆つきは2年以上)

脚注[編集]

外部リンク[編集]