エンデル・タルヴィング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エンデル・タルヴィング(Endel Tulving、1927年 - )は、エストニア生まれのカナダ心理学者。人間の記憶についての世界的権威の一人。トロント大学名誉教授

トロント大学教授を長く務め、トロント大学での記憶研究会(通称「エビングハウス・エンパイア」)を主催することで、記憶の心理学的研究におけるトロント学派を作ってきた。

人間の記憶に、エピソード記憶と呼ばれる特別な記憶があることを提唱し、それが人間らしさを作る特徴であるという記憶理論を展開した。

学会での招待講演時に、熊の着ぐるみを登場させ、聴衆は気づいても自分は気づかないふりをして、「このように虚偽の記憶が作られる」という説明をするなど、ユーモア精神にも富んだ人柄でも知られる。

2005年ガードナー国際賞を受賞した。