エンターテイメント表現の自由の会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エンターテイメント表現の自由の会
Association for Freedom of Entertainment Expression
Yamadatarou.jpg
コミックマーケット96で出展されているAFEEブース。売り子は山田太郎
略称 AFEE
設立 2013年8月8日
会員数
384人
代表 坂井崇俊[1]
ウェブサイト https://afee.jp/
テンプレートを表示

エンターテイメント表現の自由の会(エンターテイメントひょうげんのじゆうのかい、英語:Association for Freedom of Entertainment Expression、略称:AFEE[2]〔エーフィー〕)は、日本市民団体である。エンターテイメント表現の自由を主張し、漫画アニメゲームなどに対する表現規制に反対している。代表は坂井崇俊、名誉顧問は参議院議員山田太郎[3]

活動[編集]

2015年9月21日までに、日本の著作権法における非親告罪化の問題を主張するため、「AFEEマガジン」が作製された[4]

静止画などを含めるダウンロード違法化の対象拡大に反対を表明した[5]

国際連合人権高等弁務官事務所に、ステークホルダーとして児童の売買等に関する児童の権利条約選択議定書の実施に関するガイドライン案に関連するパブリックコメントを提出した[6]

コミックマーケットで出展活動を行っている[7][8]

脚注[編集]

  1. ^ 美少女Vチューバー 「表現の自由」論争過熱”. 産経新聞 (2021年9月30日). 2021年10月2日閲覧。
  2. ^ 守護ACG「反對馬賽克」議員高票當選,讓宅宅出門投票說出「拜託你了」”. 4Gamers (2019年7月25日). 2020年8月8日閲覧。
  3. ^ AFEEについて 2019年12月12日閲覧
  4. ^ TPPの影響で「コミケ」が開催不能に!? 日本の“オタク文化”が危機”. 日刊SPA! (2015年9月21日). 2020年4月29日閲覧。
  5. ^ 日本マンガ学会、私的ダウンロード違法範囲拡大に反対の声明を発表”. Hon.jp (2019年1月24日). 2019年9月15日閲覧。
  6. ^ DRAFT Guidelines on the implementation of OP on the sale of children, child prostitution and child pornography”. OHCHR . 2020年5月9日閲覧。
  7. ^ 山田太郎 『「表現の自由」の守り方』星海社、2016年4月26日、236頁。ISBN 978-4061385863 
  8. ^ 【C89】現役参議院議員が売り子に! 日本を元気にする会・山田太郎氏を直撃”. ガジェット通信 (2015年12月31日). 2020年4月29日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]