エンターテイメント表現の自由の会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
コミックマーケット96で出展されているAFEEブース。売り子は山田太郎

エンターテイメント表現の自由の会(エンターテイメントひょうげんじゆうのかい、英語:Association for Freedom of Entertainment Expression、略称:AFEE[1]〔エーフィー〕)は、日本市民団体である。エンターテイメント表現の自由を主張し、漫画アニメゲームなどに対する表現規制に反対している。代表は坂井崇俊、名誉顧問は参議院議員山田太郎[2]

活動[編集]

2015年9月21日までに、日本の著作権法における非親告罪化の問題を主張するため、「AFEEマガジン」が作製された[3]

静止画などを含めるダウンロード違法化の対象拡大に反対を表明した[4]

国際連合人権高等弁務官事務所に、ステークホルダーとして児童の売買等に関する児童の権利条約選択議定書の実施に関するガイドライン案に関連するパブリックコメントを提出した[5]

コミックマーケット96で出展活動を行っている[6]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]